「さぬき映画祭2011」終了 ★ ナカイ ★

movie今年も恒例のさぬきさぬき映画祭Weekが無事終了。

本格開幕の19日~最終日27日まで、
いろいろ映画関係者との対談やワークショップでお世話になりました。
Aspac 
初日11月19日は、アジア太平洋盆栽水石
高松大会2日目でもあり、
サンポートデックスガレリアは大勢に人で
にぎわっていました。


annoy映画祭の今年のサブテーマは「鉄道・港湾」
これはコトデン100周年、新高松駅舎10周年、
宇高国道フェリー50周年等を
記念してのもの。

Photo_2 Photo_3
マリタイムプラザ一階の県産品のコーナーでも、
いろいろ記念の展示が行われていました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【19日(土)映画「RAILWAYS49歳で電車の運転士になった男の物語」シネマ&トーク」】
於:アルファあなぶき小ホール
Photo_6
トークのゲストは、この作品が映画デビューとなった、俳優の三浦貴大君。
(ご存知、友和さん百恵さんの次男)

とってもナチュラルな好青年でしたheart04
本人曰く、 「ボク、根暗ですから・・」
いえいえ、そんなことありませんでしたよ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【20日(日)声優体験ワークショップ」】
於:e-とぴあ・香川BBスクエア
Photo_9  Photo_8
担当の、県文化振興課の皆さん,勢ぞろいscissors
2日目のメイン会場は、e-とぴあで、
「声優体験ワークショップ」と世界のアニメ上映でした・・
Photo_10 Photo_11
午前の時間帯でリハーサル(表情も真剣ですeye
117 
今年の講師陣
左から・・
大縄(オオナワ・珍しいお名前!)先生
佳那子先生
河合先生


Photo_13
無事本番を終えて、
ステージで集合写真「パチリ!」camera

将来の声優さん、映画人が
ここから誕生するといいですね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【26日(土)映画祭関連イベント「白い船」上映と監督トークショー】


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【27日(日)「大木家の楽しい旅行~新婚地獄篇~」監督トークショー】
Photo_15 
最終日のこの日は、Mrs.マニアも
前々からお会いしたかった
本田隆一監督とのトークショー。

「GSワンダーランド」でマニアックな
視点も覗かせたかと思えば、
「大木家~」では、なんともユニークな
作風にノックアウト。

こう見えて?結構お若い監督との
ラフラフ・トークに、幅広い年代の
オーディエンスが耳を傾けて
くださいました。

slate 終了後は、閉会式へと突入。
期間中参加いただいた皆様、今年のプログラムは如何でしたか?
来年の参考にもさせていただきますので、
宜しかったら番組宛にご感想をお聞かせくださいpaper







チラリ|゚з゚)恵美ぶろぐ。。お遍路の旅・高野山

和歌山県は高野山へ行って参りました。

高野山へは昨年も行って来たのですが、
自分自身が四国八十八ヶ所霊場を参拝した後という事もあり、
またいつもとは違った心持ちでしたね。

それでは、高野山の旅STARTです。

++++++++++++++++++++++++++

昨年は徳島から南海フェリーで和歌山へ向ったのですが、
今年は、母の希望もあり、登山鉄道「天空」を利用することに!

Photo
こちらが「天空」です。
1日2便。
事前に予約が必要ですので、ご利用の際はHPをCHECKして下さいね♪

HP ⇒ 『南海電鉄 高野線 こうや花鉄道 天空』

「天空」は橋本駅から高野山駅まで向います。

Photo_2
途中、九度山でも停車。

幸村ー!!!

九度山は、戦国武将の中でも「日本一の兵」として人気の高い
真田幸村【真田源次郎信繁】が隠棲していた場所!
真田庵には一度行きましたが、じっくり見る時間がなかった…
そして今回も(笑)

さらば、幸村よ。
また会おうぞ!

Photo_3
「天空」の車窓から見える風景も、高野山の緑に染まって参りました。

「天空」は座席が外向きになっているので、
景色を存分に楽しむ事が出来ますよ!

Photo_4

下りの電車とのすれ違いも、これまた一興。

Photo_5
遅くなりましたが、「天空」さんのお顔拝見!

車内のレトロで和な雰囲気も、
是非、実際に乗車してお確かめ下さいませー♪

そして、極楽橋に到着!!
さぁここからは、ケーブルカーで高野山駅を目指しますよー!

Photo_6
ご覧下さい。
これ、ケーブルカーの車内です。
トリックハウスでも何でもありません。
ケーブルカーの車内です(笑)

小さな子ども達は大はしゃぎですが!
お父さん、お母さんは、大変そう!(笑)

Photo_7
ケーブルカーの車窓から。

私が高野山を訪れたのは11月中旬。
まだ、紅葉も色づきはじめた頃…高野山まで行けば…見られるかなぁ。。

Photo_8
そんなこんなで高野山駅に到着です!

ケーブルカーさん、ご苦労様でした!!

Photo_9
それにしても、
この写真だけでもかなりの急勾配だということが分かりますね…

あ、でもせっかくなので、後ろも振り返ってみますか?

Photo_10
高野山駅のホームから1枚。。
やっぱり結構怖いー!(笑)

さて、高野山駅からは、路線バスも運行していますし、
臨時のシャトルバスもあります。
もちろん、地元の運転手さんとお話しながらのタクシーもおすすめですよ!

さぁ、いよいよ高野山!

なのですが、高野山では写真撮影が出来ない場所があります
特に奥の院では写真撮影が禁止されています。

もし、観光などで参拝される際はくれぐれもご注意下さいね。

というわけで、ここからはしばらく、高野山町の風景をお楽しみ下さい!

まずは、猫さん一家(笑)

Photo_12

なぜでしょう?
お寺と猫って、何だか似合いますよね?(笑)

そして、紅葉です!

Photo_13
高野山の上の方まで登ってくると、
やはり綺麗に色づいた紅葉を見ることが出来ました!

秋ですねぇ♪


…ハイ!お待たせしました!

Photo_11
無事、高野山への参拝も終える事が出来ました!

東日本大震災を機にスタートした四国八十八ヶ所お遍路の旅。

被災され、お亡くなりになられた方々のご供養と、
復興への祈願はもちろん!
自分自身を見つめ直す、本当に良い機会になりました。

ブログを見てくださった皆さん、
コメントを残してくださった皆さん、
見守って頂き、本当にありがとうございました!!

この願い、思いが、届き、
日本があたたかい心で満たされますように…

合掌。

【平成23年11月某日 結願】

++++++++++++++++++++++++++++++

おまけ

Photo_14
この樹が好きで、毎年一緒に写真を撮ります。

今年は、もののけ姫に出てくる“こだま”になった気分で、
足元に寄り添ってみました。

樹のあたたかさ、優しさ、たくましさ、が大好きです。

日記ドラマ「つばさっち」第56回は2億5千万円はどの馬に?ジャパンカップ!

前回

「結構三番手まで自信有ります(笑)
↑心配するな。当たらない。」

と、日記に載せましたら見事に撃沈しました(笑)

今回は絶対取りたい、ジャパンカップ!

◎16トーセンジョーダン
○3ローズキングダム
▲15エイシンフラッシュ
☆12ウインバリアシオン
△1ジャガーメイル
△5トレイルブレイザ
△7ペルーサ
△8ヴィクトワールピサ
△13デインドリーム

もう1回トーセンジョーダンにお世話になります!
あとは昨年の覇者ローズキングダムもこの人気は買い!
基本はジャングルポケット産駒と、キングマンボ系です。

さて今後、つばさっちはこんなところに登場~note

12/3 岡山県美作ラグビーサッカー場(岡山湯郷Belleファン感謝Day)13:00
12/4 香川県立丸亀競技場(カマタマーレ讃岐-SAGAWA SHIGA FC)13:00
12/10 岡山・桃太郎アリーナ(岡山シーガルズ-JTマーヴェラス)14:05
12/11 岡山・kankoスタジアム(神戸製鋼コベルコスティーラーズ-NTTドコモレッドハリケーンズ)13:00
12/17 香川県立丸亀競技場(天皇杯4回戦「鹿島アントラーズ-京都サンガF.C.」)13:00

現場で動く「つばさっち」も 是非ご確認下さいsun

遠方より友来る、また愉しからずや(蒲野)

先週末の土日、名古屋から友達が遊びに来ました。初香川ではないものの、車で来るというので張り切って県内を連れ回りました。

初日:昼頃高松に到着。

うどん1:まずは軽く「中西」で一玉づつ。

うどん2:ぐっと山の中まで走って、「三嶋製麺所」で、釜玉大

もう一軒行きたかったけど、15時も過ぎてしまったので一旦切り上げ。高松へ帰ってきて、夕食は骨付鳥。これで、初日は終了!

二日目:朝10時出発。

まずは、道の駅・滝宮でお土産タイム

続いて、坂出の話題のお店で「卵かけご飯」をブランチに・・・

そのまま旧国道を香西まで走り、根来寺方面から五色台へ上がり、五色台スカイラインの絶景を楽しんだ後、休暇村・五色台でコーヒータイム

なんと、ここから塩江に走り、行基庵さんで本格的なお蕎麦を。

本当は大窪寺の紅葉を見に行きたかったのですが、彼の帰路を考えるとここでタイムアップ。

これだけ走って食べても、まだ紹介しきれなかった。琴平のにんにくお好み焼き、大窪寺のしっぽくうどんなどなど・・・いやぁ、香川もいいところいっぱいだ。

Photo

写真は三嶋製麺所の釜玉大

MUGEN CROSS FES.MATSUYAMA☆井川

行ってきました、お隣り愛媛県で開催されたMUGEN CROSS FES.MATSUYAMA!松山市内6会場で、およそ50組のアーティストが終日ライブを繰り広げるというライブサーキットです。ロック、ポップス、ダンス、フォーク、DJ、さらにはアイドルまでというノンジャンルが特徴的なイベントで、会場や時間帯によって、様々な表情を見せる素敵な空間でした。

2 

松山と言えば路面電車!@松山市駅前

1_2

ライブ参加者の証であるリストバンド

=====

知り合いのミュージシャンや気になるミュージシャンのステージがたくさん見れて、しっかりと楽しめました。香川でやる時は制作スタッフだから、毎回ゆっくり見られないんですよね、実は(^^)イベント終了後、大街道界隈のネオンに後ろ髪をグワっと、わし掴みにされながら、只今、香川に戻ってまいりました。

☆☆☆☆☆

さて、香川も負けずに、熱く激しく美しくいきますか?ねぇ。

チラリ!|゚з゚)恵美ぶろぐ。。お遍路の旅・拾

四国八十八ヶ所霊場、お遍路の旅。
最高でも1泊2日。
後は全て日帰りという強行軍で参拝を続けてきましたが、
いよいよ結願です。

それでは、アナタもどうぞ一緒にお参りして下さい。

+++++++++++++++++++++++++

第84番 屋島寺


源平合戦で有名な景勝地・屋島。
その山頂にあるのが、屋島寺です。

このお寺は、唐の名僧・鑑真がお堂を建てたのがはじまりといわれています。
そして、本堂右奥の狸大明神!
祀られているのは、四国狸の総大将・太三郎狸です!

Photo
さらに、屋島といえば、「開運瓦」!
ついつい来るたびに挑戦してしまいます。

お店の方が設置した輪の中を通すことを楽しむのも良し!
ストレス発散とばかりに、遠投を試みるのも良しです!

Photo_2
ちなみに私は遠投派(笑)


第85番 八栗寺

五剣山の中腹にある八栗寺には、
八栗ケーブルを利用すると便利です。

Photo_3

「左手に見えますのは~」
と、景色を楽しみつつ参拝することが出来ますよ。

Photo_4

まっすぐ続く線路を見ていると、
ふとイロイロな事を考えてしまいます。

Photo_5

八栗寺で、昔ながらのおみくじを発見し、
テンションがあがる発芽米・恵美♪

Photo_6

妹と一緒にフリフリしたところ、
なんと、2人そろって同じ番号を出しました!!
もちろん、結果も同じで2人で"吉”。
おみくじの結果よりも、同じ番号を引き当てたことにビックリ(笑)
恵美姉妹のコンビネーションは最強のようです。

Photo_7

無事、参拝を終えました。

帰りの八栗ケーブルはオレンジでした!

Photo_8

第88番 大窪寺

結願のお寺・大窪寺。
境内は静かな山の中にあります。

私が訪れた時は、紅葉には少し早かったのですが、
このブログが更新されている頃には、見ごろかもしれませんね。
春は桜も楽しめます。

Photo_9

結願しました。

いよいよ次回は和歌山県高野山。
金剛峰寺参拝の模様をお伝えします。
雪が降る前に、参拝出来て良かった!

それでは、また次回。

++++++++++++++++++++++++++

おまけ

♪屋島にて

カメラマン・妹が激写した1枚!
姉の本気過ぎる開運瓦投げ!!!(笑)

Photo_10

おなかの脂肪とか、
雑念とか、
いろいろ飛んでけ!!

コノヤロウ!!!!!


♪八栗ケーブルの車内

カメラを向けられると、とりあえず変顔。

Photo_11

ブログには載せていませんが、
実はネタ写真が結構あったりします。

きっとそんなことしてるから、
記念スタンプをミスるのです。

Photo_12

スタンプ薄っ!!


♪第86番 志度寺

志度寺でクールな黒にゃんこと遭遇。

Photo_13

鋭い視線がスナイパーのようです。


♪お母さんを探せ(笑)


第88番 大窪寺にて。
ウォー●ーを探せ!
ならぬ、お母さんを探せ(笑)

この写真のどこかに私のお母さんがいます!
どこに写っているでしょうか!?(笑)

Photo_15 

↓↓↓↓正解↓↓↓↓







Photo_16

日記ドラマ「つばさっち」第55回は混戦必至。マイルチャンピオンシップ!

でも、今回、結構三番手まで自信有ります(笑)
↑心配するな。当たらない。

◎13サプレザ
○8リアルインパクト
▲6エーシンフォワード
☆7イモータルヴァース
△2ダノンヨーヨー
△3シルポート
△5エイシンアポロン
△17リディル
△18キョウワジャンヌ

三度目の正直を狙う外国馬サプレザと、
安田記念を3歳で制したリアルインパクト、
更に去年の勝ち馬なのに人気がないエーシンフォワード。
コレの3連単Boxで行けるんじゃない?
もう1頭の外国馬にも要警戒はしつつ~。

さて今後、つばさっちはこんなところに登場~note

11/20 香川県立丸亀競技場(カマタマーレ讃岐-町田ゼルビア)13:00
11/26 高松市香川総合体育館(香川銀行TH-大阪体育大学、北陸電力-トヨタ紡織九州、トヨタ車体-湧永製薬)10:00
12/3 岡山県美作ラグビーサッカー場(岡山湯郷Belleファン感謝Day)13:00
12/4 香川県立丸亀競技場(カマタマーレ讃岐-SAGAWA SHIGA FC)13:00
12/10 岡山・桃太郎アリーナ(岡山シーガルズ-JTマーヴェラス)14:05
12/11 岡山・kankoスタジアム(神戸製鋼コベルコスティーラーズ-NTTドコモレッドハリケーンズ)13:00
12/17 香川県立丸亀競技場(天皇杯4回戦「鹿島アントラーズ-京都サンガF.C.」)13:00

現場で動く「つばさっち」も 是非ご確認下さいsun
カマタマーレ対町田ゼルビア戦、女性の方は入場無料、
高校生以下のお子さんもご招待ですから、
是非、サポートにお越し下さいね~soccer

21st KeynoteのFacebookページができました(蒲野)

21st Keynote

Facebookページも宣伝


これまで、私が唯一担当している音楽番組「21st Keynote」は、きちんとした番組HPはもちろん、ブログさえもありませんでした。

これでは、せっかく一生懸命作っている番組なのにもったいないということで、いま流行りの「Facebook」を使ってHPを作って見ました。

試験運用ですが、色々な人に見ていただきたいし、12月からはドコモやiPhoneでJFN系列のFM曲の番組を全国どこからでも聞けるサービスが始まるということで、あらゆる方法を試して「いいね」を増やしてみようと思います。

もしあなたもFacebookアカウントをお持ちなら、「いいね」をお願いいたします。

ボージョレ?☆井川

ボクはずっと「ボジョレー・ヌーヴォ」って言ってました。いや、きっとそうでした。

Photo_4

いつから?(笑)「ボージョレ・ヌーヴォ」!

Photo_6 

確かにボージョレ!・・・って書いてあるね。

いつから?前から?(笑)

釜揚げうどん☆井川

寒くなってきましたね~。

ということで、久しぶりに「釜揚げ」。

Photo_3

芝えびのかきあげを添えて・・・イエイ!

チラリ|゚з゚)恵美ぶろぐ。。お遍路の旅・玖

阿波(徳島)は発心の道場。
土佐(高知)は修行の道場。
伊予(愛媛)は菩提の道場。
そして、ついに讃岐(香川)、涅槃の道場へ。

今回は、第71番 弥谷寺からの出発です。
それでは、ごゆるりと一緒にご参拝下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++

第71番 弥谷寺

だいぶ季節も進み、冷え込む日も多くなってきました。
山は本当に空気が澄んでいて、とっても涼しい。
そして、私の前には階段。。。(※心の声「マジでー」)
毎回、1ヶ寺目が体力的に厳しい感じのお寺なのは気のせいでしょうか?

Photo

そんな中、まだまだ冬眠せずに頑張るカタツムリさん、発見。
お供え物のリンゴをガジガジ食べておりました。
しっかり食べて、冬を越してね。

Photo_2

カタツムリに元気をもらい、無事お参りを済ませることが出来ました。
弥谷寺は、弘法大師が8歳から13歳まで修行したとされる場所。
特に大師堂の中の「獅子の岩窟」は、
とても凛とした空気が流れているので、是非、お参りを。

Photo_3

第72番 曼荼羅寺

歴史の古いお寺で、推古4年(596)に、
讃岐の豪族・佐伯氏の氏寺として建立されたそうです。
西行法師もこの近くに庵を結んでいたとか。

Photo_4
しっかりお参りをしてから、

Photo_5

お納経を済ませましょう!
そして、曼荼羅寺で素敵なものを発見!

Photo_6

さわやかな音声案内です。
はじめて見たのですが、他の札所にもあったのかしら?
案内の内容は、曼荼羅寺でお確かめ下さい♪


第75番 善通寺

Photo_7

この風景に見覚えがあるという方も多いのではないでしょうか?
そう、真言宗善通寺派の総本山・善通寺です。

高野山・金剛峯寺、京都・東寺とならび、
弘法大師三大霊跡と言われおり、とっても広い。
東院と西院に分かれいます。

Photo_8

渡り廊下って良いですよね。

Photo_9

亀もいます。
甲羅干しでお忙しいご様子。

さらに、タイミング良くお勤め中のお坊さんの一団と遭遇。
静かに後方から一緒に合掌。

Photo_10

そして、背後にただならぬ気配を感じ、振り返ると…!

Photo_11

鳩がめっちゃいっぱい!!
お米をあげていた小さな子供が取り囲まれていました(笑)
微笑ましい。
そしてその傍らには、立派な五重塔!

Photo_12

善通寺は、その他にも御影堂や宝物館など見所いっぱいです。
ゆっくり参拝したいですね。


第78番 郷照寺

奈良時代に行基が開基。
その後、弘法大師が真言密教の霊地として、
自作の像を安置したお寺なのです。

四国霊場では珍しい奈良様式の屋根は、
天井の細工も美しい!

Photo_13

さらに、郷照寺は時宗の開祖・一遍上人ゆかりのお寺でもあり、
四国霊場で唯一!真言と念仏の二教の法門が伝わっています!

Photo_14

第80番 國分寺

聖武天皇の勅願により、行基が開基。
鎌倉時代に再建された本堂や本尊の十一面千手観世音菩薩像、
奈良時代に鋳造された梵鐘など、国の重要文化財がたくさん!

80

あれ?確認するのを忘れていましたが…この梵鐘は…違うよね?

Photo_15

お参りの後は、立派な仁王門の前で1枚。
ちなみに、本尊は60年に一度開帳されます。


第81番 白峯寺

五色台です!
保元の乱により讃岐に配流された崇徳上皇が、この地で崩御。
境内には、崇徳上皇の御廟所や上皇ゆかりの木があります。
さらに、十二支守り本尊と七福神が祀られていますが…

Photo_16

猫さんもいっぱいですにゃー。
十二支の像が安置されているので、すべて見つけて下さいね。

Photo_17

第82番 根香寺

もうひとつ、五色台。
「牛鬼伝説」や紅葉の名所としても有名なお寺です。

Photo_18

少し紅葉には早く、残念ながら見ることは出来ませんでしたが、
深い緑に癒されました。

+++++++++++++++++++++++++++++

この後、駆け込みで第83番 一宮寺まで参拝する事ができ、
いよいよ残すところ、5ヶ寺となりました。

弥谷寺で出会ったカタツムリのように、ゆっくりでも良いじゃないか!
確実に一歩ずつ前へ!
私も進んでいきます!!!

私の一歩が、アナタにとっても何か意味のあるものになりますように。

チラリ|ω・)恵美ぶろぐ。。FIELD MUSEUM SA・NU・KI 2011

に、行って参りましたsign03

11月12(土)・13(日)に東かがわ市引田、
讃州井筒屋敷周辺で開催されていたイベントで、
「見て、触れて、感じる」
まさに、作り手と使い手の交流の場ですhappy01

そして、今回から会場も井筒屋敷を飛び出し、
合計4つにnote
言葉通り、フィールドミュージアムが広がりましたupup

それでは、FIELD MUSEUM SA・NU・KIをトコトコ回想散策してみましょうflair


clover讃州井筒屋敷 陶芸/オブジェ/表装/革のフィールド

Resize0045
まずはででーんと、船のオブジェがお出迎えdash
パワフルだわぁsign01

Resize0044
会場内にもアートがあふれ出して、最高に素敵な空間shine

Resize0046
番組に出演して頂いた陶芸家の上野さんはコチラにいらっしゃいましたscissors

Resize0047

もちろん、蔵の中はパラダイスhappy02

Resize0050

実際に作家さんとお話しながら、作品を手にとって見ることが出来ますnote

Resize0049
陶器のアクセサリーもあるんですcrown

Resize0051

手触り、質感が柔らかくてたまらんcatfaceheart04
触れ合うと陶器のあの優しい音がしますnote

木工作家さんと陶芸作家さんのコラボ商品を発見flair
屋根の色も形も様々なお家があるので、お客さんも迷ってしまいますsweat01

Resize0052
いろいろと並び替えているうちにいくつものニュータウンが建設されます(笑)

clover煙突広場 木工/漆芸のフィールド

Resize0043
看板からも温かみを感じますよねhappy01
木って良いnote

Resize0030
番組にゲスト出演してくださった木工作家の山地さんはコチラにいらっしゃいましたsign01

Resize0032

いろいろな作品が並べられていて、見ているだけで楽しいですよねup

Resize0034

作家さん同士のコラボ商品もいっぱいnote

Resize0031
家具も大好きなので、ずっと見てられますねpaper
欲しいなぁ~イスdash

Resize0033

置ける場所がないけど(笑)

clover泉家 土間 金工のフィールド

Resize0036

WORK SHOPを開催していた金工のフィールドshine
「SILVERのペンダント作り」に女の子が挑戦中sign03

Resize0035
見よsign01真剣なまなざしeye

そして、完成sign03

Resize0042

大人でもなかなか難しい四葉のクローバーcloverと、
自分の名前も打ち出して、大満足のこの笑顔happy02heart04
自分で作るって、やっぱり楽しいし、嬉しいよねscissors

※写真掲載許可、ありがとうございます。

clover旧松村医院 ガラス/陶灯り/ジュエリーのフィールド

Resize0037

こちらでも、WORK SHOPが行われていましたsign03
「ガラスのハンコ作り」
お父さんが頑張って娘たちの名前を入れておりますrock

Resize0038
娘さんたちも見守っていますよsign01
お父さん、頑張ってsign03

※写真掲載許可、ありがとうございます。

Resize0040
旧松村医院の中に入ってみると、
Resize0041
これまた色とりどりのガラスの世界が広がっていますsign03

Resize0039
キラキラ輝く世界に、一歩足を踏み入れた人はみんな魅了されてしまいますheart01

そんなFIELD MUSEUM SA・NU・KIですが、
飲食ブースももちろん、満喫restaurant
麦笑さん、土曜日のTHE LAST 揚げパンは私が頂きましたhappy02

ぐへへ。

日曜日限定だった、
ナチュラルレリッシュさんのスイーツを食べられなかったのが残念down
次回も是非dash

しかし、戦利品もしっかりGETribbon

Resize0053
充実した1日でしたheart04

21st keynote 111114OAリスト (プログレ特集)

いやいや、本当に寒くなりました。室内での活動が多くなる時期ですが、こんな時はレコード鑑賞で新しいジャンル開拓に励んでみてはいかがでしょうか?僕は、今回「プログレッシブ・ロック」に挑戦してみました。

先月の頭に、「ピンクフロイドのリマスター盤」がワールドワイドで復刻記念キャンペーン敢行中という話題を紹介したことでテーマにしたんですが、結構、期待するコメントを頂いたりして、軽くプレッシャーがかかっております。結構、プログレ好きの人って多いことに驚きました。

しかし、プログレ=長尺という事実もあって、今日は「プログレ四天王」と言われる4つのグループの代表作から一曲づつという、「ド定番」で終始することをお許しください。

そもそもプログレというのは、1960年代後半にイギリスから始まったロックの形態の一つで、ピンクフロイドの1970年作品「原子心母」の日本盤帯に記された「ピンクフロイドの道はプログレッシブロックの道」・・・というコピーが、世界で初めて使われた例だと言われています。

日本発の言葉でありますが、今は世界中で使われています。今なお、細分化が進んで、非常に捉えにくいジャンルですが、プログレ黎明期の最も重要なバンドがキング・クリムゾンです。この怪しげなジャケットで有名な1969年のデビュー作、「クリムゾン・キングの宮殿」から、オープニングを飾る「21世紀のスキゾイドマン」でスタートです。

Kingcrimson

M: 21st Century Schizoid Man / King Crimson

千津ちゃんのように、「あ~、この曲聴いたことある!」と思った方も多いでしょう。プログレは大仰なテーマを持ったドラマティックな楽曲が多いので、テレビのバラエティやラジオ番組の、ちょっとフザケタ感じのBGMなんかでよく使われますね?因みに桑田佳祐さんの「やさしい夜遊び」の番宣では原子心母が使われています。

プログレッシブロックは、それまでのロックを基に、より多彩な表現を求めて実験的に生み出されてきたもので、それが進歩的=プログレッシブと呼ばれる所以ですが、特に芸術性を高めてクラシック音楽の方法論やオーケストラとの共演などを打ち出してきた事に共通点が見られます。EL&P(エマーソン・レイク&パーマー)の「展覧会の絵(ムソルグスキー)」など、一番有名な例でしょう。クラシックのような組曲になっていたり、一曲にも起承転結をハッキリつけて行くために、長くなるのは必然です。

先出の「プログレ四天王」の基本ベースもこういうところですが、それぞれに少しずつ方向性が違っています。先ほどのキング・クリムゾンはシンセサイザーやメロトロンといった、当時最先端の電子楽器を駆使して、テクニカルな方向性を打ち出したバンド。一方、これもプログレの大きな特徴の一つですが、「アルバム全体をひとつのコンセプトとして纏める」傾向にあります。

ロックの世界で、アルバムのトータルコンセプトを打ち出した最初のアルバムはビートルズの「Sgt.Pepper’s Lonely Hearts Club Band」と言われていますが、今考えると、あれは「『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』」という架空のバンドのライブ~レコードというシチュエーションを統一した」・・・というトコロ止まりだったと思っています。

プログレのそれは、全体をひとつの物語でまとめたり、一つのテーマでまとめたり・・・という、もう少し踏み込んだものになります。特にその傾向が強いのが、ピンクフロイドです。「人間社会への批判を動物に例えたロック版鳥獣戯画・アニマルズ」とか、「あらゆる物と物の間にある壁・ウォール」・・・と言った感じ。

なかでも最も重要なアルバムが、ロック史上屈指の名盤と呼ばれる「The Dark Side Of The Moon」。これは「人間の中に潜む狂気」をテーマとした作品で、これ以後ピンクフロイドは人間社会や精神世界を深くえぐるようなトータルコンセプトの作品を作るように方向が変わっていきます。

このアルバム「狂気」は、ピンク・フロイドにとっては初の全米1位獲得となったほか、ビルボードの200位以内に15年間(741週)に渡ってランクイン。さらにカタログチャートでは30年以上(1,600週以上)に渡ってランクインすると
いうロングセラーのギネス記録を打ち立てた歴史的なアルバムです。そして、今またリマスター盤が今絶賛発売中ということで、まだまだ売れるんでしょうね、きっと・・・

何はともあれピンクフロイド「狂気」から、全米でも13位を記録した「Money」をお送りしましょう。

Pinkfloyd

M:Money / Pink Floyd

 

さて、ピンクフロイドがアルバム一枚のトータルコンセプトを重視したバンドだったのに対して、『バンド自体がトータルコンセプトを表現する媒体』であったYESをご紹介しましょう。

YESは、John Andersonの考える世界を実現するかしないか・・・が第一義的ですからメンバーチェンジも非常に激しくて、非常に不安定なバンドでした。John Anderson自身も3回脱退しているらしいです(笑)。ここでは、キーボードがトニー・ケイに変わって、マルチ・キーボーディストのリック・ウェイクマンの加入で、より多彩でドラマティックな構成の楽曲が実現し、一つのピークを迎えたとされる名作「フラジャイル・邦題:こわれもの」から、Round Aboutをお送りしましょう。

Yes

M: Round About / YES

YESといえば、40代の僕らでは、83年の大ヒット曲「Owner Of A Lonely Heart」が思い出されます。当時もプログレの「恐竜バンド」が復活!みたいな言われ方していた覚えがありますが、一聴するとハードでヘビーで、大仰な音作りなのに、コーラス部分はいかにもUKっぽくて美しくもある。もともと、ハードなサウンド+ダイナミックなボーカルというのがコンセプトだったので、昔からのファンも納得の楽曲だったわけですね。

さて、ではプログレ四天王、最後のグループは、ELPこと、エマーソン・レイク&パーマー・・・彼らは、プログレの一つの特徴であるクラシック志向が一番強いバンドです。ELPはギタリストがいないバンドで、キーボード奏者のキース・エマーソンがキーマンだったせいで、そういう方向になったのかもしれません。

本当はELPといえば、「タルカス」か「恐怖の頭脳改革」から選曲するのが定番ということになりますが、今回は「四部作」という最後期のアルバムをご紹介します。このアルバムはもう三人が気分的には分裂していて、それぞれのソロ作品を作っていた頃ですが、それをレコード1面づつ収録して、さらにELPとしての作品1面分(2曲)を加えたLP二枚組の大作でした。この中の「庶民のファンファーレ」がたまらなくカッコイイし、もう一曲グレッグ・レイクの朗々としたボーカルが魅力的な海賊・・・これもドラマティックな展開が魅力的な楽曲です。

Elp

M:Pitates / Emerson, Lake & Palmer

今回、プログレにこんなにしっかり向かい合ったのは初めてでしたが、素直にカッコイイと思いました。

プログレを調べると、本家イギリスとアメリカはモチロン、イタリアとかドイツ、フランス、オランダ、ベルギー、果てはブラジルまで、ありとあらゆる国でバンドが存在しますが、それだけ奥が深いジャンルといえるのではないでしょうか?


☆★Part-2★☆

第一部では「プログレ」の、様式の特徴の一つは、ロックとクラシックの融合・・・ということをご紹介しました。

何かと何かの融合というのはロックとクラシックに限らず、ロックとジャズ、ブルースとロックと色々ありますが、中には、「相性の良い悪い」はあると思います。「音楽にチカラを借りた愚痴・ブルース」とクラシックも、なかなかに融け合わない組み合わせです。プログレバンドのメンバー選びにも、そんな逸話がありました。

プログレは、実験の要素が強いせいか、結構どのバンドもメンバーの入れ替えが多くて、その都度「バンドメンバー募集」と相成るわけですが、ここで登場するのは「キング・クリムゾン」です。

キング・クリムゾンがデビューに向けてバンドメンバー募集を行ったときに応募してきた中に、のちに有名になる二人の男がいました。それがなんとエルトン・ジョンとブライアン・フェリーです。

エルトン・ジョンも確かにクラシックへの親和性はありそうな気はしますが、ここでは残念ながら「キング・クリムゾンには合わない」ということで、落選してしまいます。後に彼はポップス路線で大成功しますから、これは単なる相性・イメージの問題だったのでしょう。

そして、もう一人のブライアン・フェリー。この人も後に「Roxy Music」を組む有名な人ですが、この当時は女子校の美術講師をしながら制作活動を行う陶芸家でした。で、彼もこのオーディションでは落選してしまいます。ただ、当落の差は僅差だったようで、彼はキング・クリムゾンの事務所「EG」にかなり気に入られて「非常に惜しい人材だ」と絶賛されます。

結局、ブライアン・フェリーが当時組んでいたバンドのライブを見たEG関係者がマネージメント契約を取り付け、Roxy Musicとしてデビューを飾るわけですから、落選したとは言え、いいプロモーションにはなったようです。このロキシー・ミュージックも大変面白いバンドで、紹介しようとするとかなり時間を要しますので、またいつか違う形でご紹介しましょう。

プログレ周辺のバンドの御多分にもれずメンバーチェンジの多い「ロキシー・ミュージック」ですが、活動全体を通して一番評価の高いアルバム「AVALON」の中から、大ヒット曲「More Than This」をお送りしましょう。

Roxymusic

M:More Than This / Roxy Music



☆★Part-3★☆



さて、パート3、先月はトニー・ベネットのニューアルバムをご紹介しましたところ、「ディスコ特集だと思ったら、最後、ジャズになったのでびっくりした」というご意見を、さる方面から頂きました。

この番組は三部構成になっております。第一部はその月の特集のメインパートで、第二部は本来、私のレコード棚から名盤・珍盤をご紹介するコーナーでしたが、いつの間にか第一部の続編的な扱いになっております。
そして、このパート3は新譜を紹介するコーナーで、その月の特集とは関係ない雰囲気になっている場合が多くなっています。

確かに先月はディスコからジャズ・・・と、ちょっと飛びすぎましたかねぇ・・・と反省しております。が、しかし、今月もちょっと異質なコラボレーションをご紹介します。実はまたジャズなんですが、コラボレーションの一方がエリック・クラプトンなら許していただけますか?

そのコラボのお相手は、現代ジャズ最高のトランペッターの一人、ウィントン・マルサリスです。彼のお父さんはピアニストで、お兄さんのサックス奏者、ブランフォード・マルサリスはスティングとの共演でロック畑の人にも有名な方です。そして、弟にはトロンボーン奏者のデルフィーヨ、更にドラマーのジェイソン・・・と、言ってみれば、ジャズ界のビーチ・ボーイズかテイラー兄弟という、いわゆるサラブレッド。

特にウィントンはデビュー直後からクラシックとジャズの融合に熱心で、今ではクラシックの演奏者としても有名なほどです。考えてみれば「クラシックと融合」というのは、今日のテーマのプログレとも共通しますね。

今回ご紹介するアルバムは、今年の4月にNYのリンカーン・センターで開催されたコンサートのライブ収録で、エリック・クラプトンがブルースやジャズの名曲を取り上げて、ウィントン・マルサリスがアレンジを施したものだということです。

このアルバム「Play The Bluesには廉価版のCDもありますが、21stKeynoteとしてはDVDがセットになったバージョンをお勧めします。今回のライブは二人共かなりリラックスして、音楽を楽しんでいる様子がありありと聞き取れますが、逆に音だけでは「ゆるすぎるんじゃないの?」という散漫な印象になってしまいます。その点DVDになると二人の表情が見て取れて、「ギターの神様」とか、「ジャズの巨匠」なんて肩書きも関係なく、ただ音楽に身をゆだねる二人の男・・・という感じがよく伝わります。

ご紹介するのは、ご存知「レイラ」なんですが、これもクラプトンは最初ヤルつもりがなかったけど、ウィントン側のメンバーの強いリクエストで実現したってエピソードも、微笑ましいですね。

Wmec

M: Layla / Wynton Marsalis & Eric Clapton

ということで、今夜も21stKeynote、お楽しみ頂けましたか?あなたも「このアーティストを特集して欲しい」なんてリクエストがあればどしどしお寄せ下さい!

宛先は、お葉書の場合は郵便番号760-8584、FM香川、FAXの場合は087-837-7870、e-mailは、webmaster@fmkagawa.co.jpまで

次回は12月12日・月曜日、夜9時にお会いしましょう。次回のテーマは、年末らしく「2011年洋楽トピックス総ざらい」です。お楽しみに!

21st Keynote

Facebookページも宣伝


【世界へ羽ばたく“BONSAI”】 ★ ナカイ ★

いよいよ今週末から開催される
“第11回アジア太平洋盆栽水石高松大会(ASPAC)”

世界有数の盆栽産地である郷土から
世界に向けて、その魅力と実力を発信します。
Photo  Photo_2  Bonsai3
(写真は、先日高松丸亀町3町ドームで開催された“BONSAIカフェ”時の展示)
鉢の中の小宇宙・・とはよく言ったもの。
小さいながらも考えつくされた枝ぶりや、広がり・奥行きは、
文字通りの“奥深さ”世界観を醸しています。
アートの香川=自慢の“感性”を端整なフォルムに宿し、
BONSAIワールドの更なる発展が期待できそうですねscissors

日記ドラマ「つばさっち」第54回も取り急ぎエリザベス女王杯!

すんません、今週も時間がないんで…。

◎14ダンシングレイン
○3ホエールキャプチャ
▲10フミノイマージン

この3頭軸で行きます!

さて今後、つばさっちはこんなところに登場~note

11/13 高松市総合体育館(シャンソン化粧品シャンソンVマジック-アイシンAWウィングス、デンソーアイリス-三菱電機コアラーズ)12:30
11/20 香川県立丸亀競技場(カマタマーレ讃岐-町田ゼルビア)13:00
11/26 高松市香川総合体育館(北陸電力-トヨタ紡織九州、トヨタ車体-湧永製薬)12:00
12/4 香川県立丸亀競技場(カマタマーレ讃岐-SAGAWA SHIGA FC)13:00

現場で動く「つばさっち」も 是非ご確認下さいsun

 

しっかりしろ! (蒲野)

光学機器メーカーの名門・OLYMPUSが粉飾決算に揺れています。OLYMPUSといえば、僕らが子供の頃、たいていどこの家にもあったハーフサイズカメラ「PEN」でお馴染み。

しかも、そのPENと、70年代・重厚長大が当たり前の一眼レフを「小型軽量」にした名作OMシリーズを設計した米谷美久(まいたに・よしひさ)さんは香川県観音寺市出身の方。

カメラの設計者で世界的に名前が知られているのは「オスカー・バルナック」と「米谷美久」しかいないほどの凄い人なのだ。

米谷さんも、草葉の陰で泣いてるよ。まったく。

20041230233547

ついでに昭和30年製の、僕のOlympusflexも・・・


【昭和の大鉄道展】

subway 鉄道っていいなあ・・

今年は琴電100周年、宇高国道うフェリー50周年、
新高松駅舎になって10周年・・
いろいろ鉄道にまつわるメモリアイヤーでもあるの、
知ってました?

trainそれにちなんで、コトデンはもとより、
JR四国の秋商戦に、県下でのイベント開催・・
まだまだ年度内の関連イベント目白押し。
改めてその根強い人気と、時代を超えて日夜
、開発と安全走行にたゆまぬ努力を続ける
関係者への尊敬&感謝の念を感じずにはいられませんconfident
Photo_2  Photo_3  Photo_4 
現在高松市玉藻町の県立ミュージアムで開催中の
「昭和の大鉄道展」もそのひとつ!
懐かしい・興味深い・展示に、しばし見入ること必至eye
会期(~11月27日まで)中に、ぜひご覧ください。

なんとなく、なんか、なんかやなぁ・・・☆井川

先日、某ショッピングセンターのゲームコーナーの前を通りかかると、小学生2人ぐらいが、メダルゲームをしながら、自前のDSでゲームをしていた。そう、ゲ、ゲームしながら、ゲームをやっていたのです。う~ん、なんとなく、なんか、なんかやなぁ・・・

チラリ|゚з゚)恵美ぶろぐ。。お遍路の旅・捌

更新が大変遅くなってしまいましたが、お遍路の旅も後半戦!
ついに、涅槃の道・讃岐入りを果たしました!!
それでは、秋の気配を全身に感じつつお参りした、第八弾のレポートと参りましょう。
今回も、一緒にお参りをしているつもりで、是非、ご覧下さい。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

第60番 横峰寺

西日本最高峰の石鎚山。
その石鎚山系の深い山の中にある横峰寺。

Photo_2

林道が整備されてからは、大変参拝しやすくなったのですが、
冬場は通行止めになったりするので、注意が必要です。

そして、参道で鬼灯発見。

Photo_6

綺麗な朱色が、足元を照らしてくれているようです。

第61番 香園寺

Photo_5 


ホールのような香園寺の大聖堂が、何ともモダンな雰囲気。
2階に本堂と大師堂があります。

第65番 三角寺

駐車場の近くには、コスモスが!
今年はじっくり見ていなかったような気がするので、嬉しかったです!

Photo_8

そして、春は本堂前の山桜の老木が見事に咲き誇るそうです。
この寺を訪れた小林一茶もここで一句。

「是でこそ 登かひあり 山桜」

そう、境内へ続く石段がかなりのもの。
踏ん張りどころです。

春にもう一度来たいな~♪

なんて思いながら上りきると、なんと季節外れの桜が…

Photo_7
春の桜と秋の桜!
ふたつの桜を見る事が出来ました!!

Photo_9

第66番 雲辺寺

讃岐の国、最初の札所ですが、住所は徳島県。
標高911mと、四国霊場でいちばん高い所にあります。
というわけで、雲辺寺のロープウェイで上へ。
かつては「遍路ころがし」と言われた難所ですが、今は約7分で到着。

Photo_11 

こんな感じで県境!
誰もが一度はやるお約束のポーズということで(笑)

秋は見事な紅葉も楽しめますし、参拝はすっかり楽になりましたが、
気持ちはしっかり引き締めて参りましょうね!

そして、雲辺寺といえば、五百羅漢像。

Photo_12
表情豊かな羅漢像の中には、アナタそっくりのお顔があるかも?

私もいつかはこんな感じで…?

Photo_14
あ、斜面が危険なので、良い子は真似をしないで下さいね!

Photo_15

第68番 神恵院
第69番 観音寺

この2つは、同じ境内にある霊場。
2つの寺名を左右に掲げ、納経所も共通です。

Photo_16

神恵院の本堂は、現代的なコンクリート造り。
一方、観音寺の金堂(本堂)は、国の重要文化財です。

第70番 本山寺

Photo_17
兵火を免れ、現在も当時の姿を留めている本堂は、
鎌倉時代に建立されたもので、国宝!

そして、戦国時代、長宗我部勢の襲撃にあったとき、阿弥陀如来が僧に化身し、
腕を切られながらも寺を守ったと伝えられています。
「太刀受け阿弥陀」と呼ばれる像には、今でもその当時の傷が残っているとか。

++++++++++++++++++++++++++++++++

さぁ、いよいよ香川県に帰って参りました。
安全運転で、残りの札所も無事参拝出来ますように…。

遂に自転車で「島」上陸!(蒲野)

本当は、GW辺りから、友人と「小豆島に自転車でツーリングしましょう」と話していたのですが、今年の長雨・台風・猛暑、そしてイベントに阻まれて延び延びになっていました。

「行く行く詐欺」も、もう終わり。ついに、昨日、溜まりに溜まった振替休日をとり、番組「香夢音 i-pal」で仲良くなったアメリカ人・ジェレミーを加えて、三人で「小豆島Touring」に行って来ました!

一緒に行こうと言ってた友人とは、実は「樹木医」の資格を持った方。その希望により、今回のTouringのコンセプトは「樹木医と行く、小豆島3大巨木を見に行くTouring」に決定。

土庄港に降り立ち、まずは銚子渓方面へ走り、宝生院の樹齢1500年のシンパクを訪ね、中山農村歌舞伎舞台から小豆島町方面に下り、小豆島ふるさと村の先の誓願寺にある、樹齢1000年以上という巨大ソテツを見る。そして、土庄に戻り、この春、スペイン・アンダルシアから千軒のヘルシーランドに移植されたという推定樹齢1000年のオリーブに会う・・・

総延長約30KmのTouringは、アップダウンも多く、ジェレミーを除く初心者にはめっちゃ厳しいコースでしたが、これで音を上げていたら何処にもいけないし・・・っていうんで頑張って走って来ました。

1000年オリーブは、まだ訪ねる人も少なくひっそりと立っていましたが、その凛とした品のある姿で僕達を迎えてくれました。合計3500年分の歴史を訪ねる、有意義な旅はとてつもない達成感を与えてくれました。

111101thousandolive

★ みんな頑張ってる ★ ナカイ

J2昇格に向けて正念場;;
soccer「カマタマーレ讃岐」
戦績だけでなく、いろいろ課題山積・・
選手たちもいろいろなところでお手伝いをかって出たり
地域との交流を図るために頑張ってます。
先日も市内某所で開催されたとある団体の親睦会場で
バーベキューや炊き出しチームとしてお手伝い。
Photo
この日は韓国や中国からの選手も来てくれました。
みんな日本語での挨拶もバッチリ。
頑張って欲しいrock・・です。

2016年3月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31