気にかかること (蒲野)

ここ3年ほど、FM香川では中高生の卒業生を対象に「ありがとうキャンペーン」を行っています。卒業シーズンの3月に、3年生からは「お世話になった誰かへのありがとう」、在校生からは「3年生の先輩卒業おめでとうございます」というメッセージを集めて40秒CMをつくり、ランダムにオンエアしていくもので、卒業シーズンを盛り上げるとともに「感謝すること」の大切さを感じてもらうという企画です。

毎年泣かせるコメントが目白押しで、今年も3月1日スタートを目指して鋭意準備中なのでご期待ください。

ところで、そこで取材に当たっていて昨年・今年と気になる傾向があります。

街頭インタビューでは断られるのはつきもので、「(ハズカシイから)ムリ!」とか「今時間がありませんから」なんて言われていちいち気に病んでいたらこの仕事はできません。でもこんな断られ方をすると「寂しい」を通り越して「悲しく」なってしまいます。

「先輩?お世話になってませんから」

帰宅部ならいざしらず、ちゃんと部活に入っていてそういう人が、去年初めて現れてビックリしましたが、今年は更に多くなりました。大きなお世話かもしれませんが、それって寂しくないのかな?「先輩の勇姿に憧れる」とか、「先輩の優しさに触れて暖かくなる」というのがナイって・・・

クラスメイトと楽しい毎日を・・・というのが横のつながり(2D)ならば、先輩後輩という縦の繋がりがあって3Dに。それに恩師やら他校との交わりが加わって学校生活は深まっていくとおもうんですけど、それって古い考え方なのかな?

Manngekyou

毎年、丸亀市の商店街を盛り上げるために高校生が企画・運営・スポンサー集めまでするイベント「High School万華鏡」に、今年もお邪魔してきました。二年前、本当に普通の高校生だったN君・S君・A君が今年は委員長他中心メンバーになって、見違えるほどしっかりと後輩たちを束ねている姿に、ちょっとホロッとなってしまいました。ここで本物の仲間を見つけられた彼らは本当に幸せだ・・・と思います。


香川出身ですから!☆おかぴろぐ☆

Resize0001_3
1/26からauのスマートフォンと携帯電話の一部機種で、
全国民放52局のFMラジオが放送エリアに制限されることなく聴ける
『LISMO WAVE』がスタートsign03
昨日、その発表会に出席してきましたnote

日本のDJの第一人者 小林克也さん、
内田恭子のウチココでお馴染みウッチー(めちゃくちゃキレイでしたheart)、
モデル、ミュージシャン、ラジオパーソナリティと幅広い活躍のIMALUちゃん(超キュートheart)、そして、FM52局の女性パーソナリティが勢ぞろいhappy02

これまで他局のパーソナリティの方とお話する機会が殆どなかったので
とても新鮮で、刺激になりましたshineshineshine
中四国メンバーで、地図の配置に近づけて写真を撮りました(笑)
(徳島さんが、この時だけ不在で残念crying
これから、もっと各局の繋がりが出てきたら楽しいだろうなぁlovely

Resize0003
話は変わって・・・
讃岐うどんに続けと香川の名物になりつつある
骨付き鳥が食べたいという友達と一緒に『横浜』の一鶴に行ってきましたchick
私は、歯ごたえがありビールにもぴったりの『おやどり』を
友達は、柔らかくジューシーな『ひなどり』を注文sign03

出来立てアツアツの骨付き鳥が運ばれてきて、
友達にも『おや』を食べさせてあげたいなと思い、
『ハサミありますか?』と尋ねたところ・・・
『骨付き鳥というのは、かぶりついて食べるものなんです。
当店では、ハサミはお貸ししておりません。』とクールに上から目線で言われましたshock

あ、そうか。お店によってハサミ出すところと出さないところがあったんだwobbly

心の中で、私・・・骨付き鳥発祥の地、丸亀出身なんですけど・・・
香川のタウン情報誌で、骨付き鳥大好きラジオパーソナリティと紹介されたことが
あるんですけど・・・と思いながら
笑顔で『は~い、わかりました』と答えました(笑)

横浜で、骨付き鳥の食べ方の指南を受けるなんて・・・
私、まだまだだねcatface

チラリ|ω・)恵美ぶろぐ。。ウマー!

に会いに行って来ましたhappy01

以前、JOY-U・CLUB内でもご紹介した

JFE乗馬クラブ・クレイン倉敷さんhorse

ヘルメットもブーツもレンタル出来る1日乗馬体験コースがありまして、

私もいそいそとインターネットから申し込み、参加sign03

乗馬体験というと、スタッフさんが綱を引いてくれて…

というスタイルを思い浮かべていらっしゃる方も多いと思いますがdash

何と綱無しで一人で操れるまでワンツーマンで教えて頂けちゃうのですflair

私もしっかり教えて頂き、並足から駆け足まで出来るようになりましたsign01

並足は通常の歩くペースで、駆け足が、パッカパッカって感じですup

さすがに駆け足は綱ありですが、はじめて一人で手綱を操る感覚に大興奮ですdash

まぁ、私を乗せてくれた馬さん(=かぼちゃ君)は空気の読める子だったので、きっと「仕方ないな~」なんて思いながら、指示に従ってくれていた事でしょう(笑)

スタッフさん曰く、本格的にレッスンをするようになると、暴れん坊将軍的な速足までマスター出来るようになるそうですsign03

くぅhappy02

たまらんのうsign03

いつか…いつか…マスターしたいsign03

そんなこんなで、楽しい乗馬体験は終了し、馬に癒されて心はスッキリshine

体には程よい筋肉痛が残りましたcoldsweats01

普段使わない筋肉を使うので、シェイプアップにも良いそうですpaper

また、乗馬したいな~clover

馬、可愛いheart04

そして、乗馬体験が終わった後、改めて、かぼちゃ君と写真を…

と思ったのですが、次のレッスンに入っていてツーショット叶わずsweat01

たまたまスタンバイ中だった 別の馬さん と記念にパシャリcamerashine

01_2

しばし見つめあい…そして、何故か照れるsmile

02

やべぇ…超可愛いheart02

「夢見るひととき」  ★ ナカイ ★

友人の主宰するバレエスクールの発表会に参加・・
003jpg 001j
リハーサル中、舞台下手からちょっと見せていただきましたeye
なんと、ゆめゆめしく美しいことshine

思わず背筋もピンと伸び、うっとり夢見心地の4時間超
日常から抜け出したひととき・・heart04
ちょっと自分の中で“お姫さまモード”
引きずってますcoldsweats01

チラリ|ω・)恵美ぶろぐ。。不安眠マクラ。

というタイトルのついた作品がコレです↓↓↓

Photo

確かにコレは…安眠出来ないだけでなく、不安感を駆り立てられそうsweat01

チカチカと下から照らす切れかけの蛍光灯がさらに、危機感を煽りますwobbly

私は先週末、丸亀市にある複合商業施設・88STAGEに行ってきましたhappy01

カフェがあったり、インテリアショップがあったりと、こだわり溢れるお店なのですが…

その中に、88GALLERYというギャラリーがありますflair

そのギャラリーで18日まで開催されていたのが…

『夢遊展 マルタユウコ』ですnote

香川県出身のアーティスト・マルタユウコさんsign01

何と私と同世代の作家さんsign03

春からまた大学院でアートの探求を続けるという事で、

今回、故郷である香川県で、初の展覧会を開催したそうですshine

音楽でも芸術でもスポーツでも、同じ世代の人々が精力的に活動をしているのを

見ると、私も頑張ろうdash

私ももっとキラキラしたいと思いましたupup

そんなマルタユウコさんの作品展のテーマは「夢」confidentclover

Photo_2

モノトーンの色合いでまとめられた作品たちは、

希望にも絶望にも一瞬で変化してしまう「夢」の世界をふわふわ感じさせますsearch

身近な素材にこだわった作品たちは、遠くから眺めたり、近くでじっくり見たり、

いろいろと楽しめましたnote

ちなみにコレは、なんとティッシュ不織布ですsign03

Photo_3

木漏れ日が差し込んだ瞬間、何ともいえない柔らかな姿を見せてくれましたheart04

時間や場所で変化する…これもアートの楽しみのひとつですよねhappy02

アートには、抽象的なものもたくさんあって、

「何だろう、コレsign02」と思う事もあると思いますsweat01

これは私の意見ですが、それが良いのだと思いますねーcatface

その作品から感じることは、見る人それぞれ違って上等sign03

作家さんも意図をある程度はもって制作されていると思いますが、

見る人、感じる人があってはじめて、その作品が完成するような気がしますsign01

アナタは、作品を見て、何を感じ、何を思いましたかsign02

以上paper

ふんわり~ぼんやり~夢の中をお散歩した恵美の夢遊びレポートでしたmemopencil

美味しかったもの (蒲野)

昨夜、知り合いの店の閉店後に、その店の常連客が集まっての「新年会らしきもの」がありました。

持ち寄り形式なのでいろんな食べ物やら飲み物がありましたが、中でもとてもよく記憶に残ったのが「オクラの素揚げ」・・・

オクラは、あのネバネバが胃腸に良いということで、我が家でもよく茹でたものが輪切りにして食卓にあがりますが、正直言って僕は好きな食材ではありません。・・・が、このオクラの素揚げ、皮はパリパリとして香ばしく、中の種もポリンポリンといい歯ごたえ。あのネバネバ物質の味や粘り気の名残はありますが、全体には甘みさえ感じます。「これは美味い!」と、ついつい何本も食べてしまいました。

大人のオヤツでもビールのつまみ(飲まないけど)でもOK・・・油でそのまま揚げて、最後は温風で乾かすだけ、と自分でもできそうなくらい簡単な作り方。今度自分でつくってみようかな?、とレシピを探すと「横に楊枝でいくつか穴をあけないと破裂したり暴れて大変なことになる」と、注意書き・・・危ない危ない。

「ゆうべ、そんなの食べたんですよ!」と、会社の女性陣に話すと「野菜類は揚げ物にすると甘みが出ていいですよ」・・・とか。そうか、当たり前の話だったんだ。

あ、写真撮り忘れてた orz

ここにもいた“ヤブキ・ジョー”

伊達直人→矢吹丈→香川の伊達直人さん
とくれば、次に“香川の矢吹丈”さんが現れる??
Jpg
昨今の“善意の連鎖”、心が温かくなりますねエhappy01heart02

よもや、「矢吹丈」の名前が出てこようとは夢にも思わなかった、昨年の11月末から
W・M・Cの通路にあるドデカイPOPですscissors

ジテツウ・予行演習 (蒲野)

先日、通勤用自転車のタイヤを交換しました。リムテープも変えてパンクの心配も少なくなったので、休日の10日、自転車通勤の予行演習をしてみました。(会社駐輪場にて証拠写真)

110110

往路は下り坂 + 平坦地なので40分程度、帰路は一日仕事した疲れ + 上り坂・・・で、小一時間かかってしまいました。ただ、苦しかった・寒かったのは最初だけで、20分も走ると心臓も安定してきますし、背中に汗をかくほど熱くなってきます。

真冬でも十分通勤可能ということはわかりましたが、夏場は大変だろうな・・・


21st Keynote 110110オンエアリスト (蒲野)

2011年も明けまして10日もたちましたので、今更新年の挨拶どころか、「新成人の皆さんおめでとうございます」・・・っていう時期ですね(笑)

この番組でかけているのは、今や40年から50年前の音楽であり、新成人のお父さんとか、おじいちゃんが聞いてた音楽になるのか・・・と思うと感慨深いものがあります。が、先月、FM香川に職場体験の女子中学生が来たんので話をしていると、なんと「お父さんが好きだから私もロック、聞きますよ」っていうんです。まさか、中学生の女の子とストーンズで盛り上がれるとは思わなかったので少々ビックリしました。

たまたま今日は新年一回目の放送なので、そんな若いリスナーにも、「ルーツを知ってもらうにはもってこい」という特集になりますので、ぜひ楽しみにお聴きくださいね。

まずはこんなアルバムからご紹介しましょう。

Crazyhorse

まったくひどいジャケットですね。デビュー作からこれって「やる気あるのか?」って感じですが、これはあのニール・ヤングさんが絶大なる信頼と愛情を注いだバンドとして有名なCrazy Horceのファーストアルバムです。クレイジーホースでこのジャケット・・・全くクレイジーですねぇ。でもファンキーで荒々しい演奏スタイルは、当時「アメリカン・ローリング・ストーンズ」なんて呼ばれていました。

この中から元気溌剌なオープニングナンバー、「Gone Dead Train」をお送りしました。

クレイジー・ホースとニール・ヤングさんは、1969年に共演して以来のお付き合いです。あの有名な作品「After The Goldrush」でも共演していますし、ニール・ヤングさんの重要な作品のバックには必ず彼らがいるという感じですが、バンドのギター・ボーカルだったダニー・ウィッテンが亡くなったときには、悲しみのあまり酒で泥酔しながら録音した「今宵その夜」なんて作品もあったりして、いろんな意味で因縁浅からぬバンドです。

続いて、デビューにしては渋い作品を二曲お送りしました。まずは、クレイジー・ホースのアルバムにもゲスト参加してた、当時からスライドギターの名手、ライ・クーダーさんのデビュー・アルバム、「Ry Cooder」から、冒頭の一曲目「Alimoniy」をお送りしました。

Rycooder

ライ・クーダーは、古きよきアメリカのルーツミュージックをどこからともなく発掘してきて紹介するセンスに長けた人ですが、このデビューアルバムでも、早速ウディ・ガスリーとかの西部開拓時代をテーマにしたような楽曲が並んでいて、とても新人の作品とは思えません。大体、デビューアルバムの一曲目が「Alimony(慰謝料)」で、「慰謝料で首がまわらないぜ。1953年以来、ポケットに金なんて入れたことがないんだぜ」なんて曲、普通の新人はえらびませんよね?

という感じでいきなり大物の風格をもつRy Cooderですが、彼の大物ぶりを示すエピソードはまだありまして・・・1969年にはストーンズの「Let It Breed」に参加した際も、キース・リチャードが彼のギターフレーズをパクっただの、その他にもクラプトンが嫉妬しただのと、いろいろ噂されています。

また、このデビューアルバムでは、大物プロデューサーのVan Dyke Parksがプロデュースしていますが、せっかく彼が施した流麗なストリングスのアレンジが気に入らないといって、次の作品ではシンプル極まりないサウンドにしてしまったという、全く可愛くない新人でありました。でも、このころのスワンプやサザンロック系のアルバムには、ほとんどその名前がクレジットされているという腕利きですから、誰も文句言えません(笑)

Mariamuldaur

続けておかけした曲はマリア・マルダー・1973年のデビューアルバム、これまたセルフアルバムで、邦題「Old Time Lady」から、有名曲「Midnight At The Oasis」でした。このアルバムにも、もちろん、Ry Cooderさん、クレジットされています。

彼女も早くからアマチュアとしてクラブでのライブはこなしてきましたし、「ジム・クェスキン・ジャグ・バンド」の一員として活躍した後、旦那のジェフ・マルダーと二枚のアルバムを出したあとのソロデビューアルバムがこの作品です。ジャケットの写真には、後に歌手としてデビューするジェニー・マルダーちゃんも登場していますが、この当時でも小学校高学年くらいには見えますから、マリア・マルダーも「若くてピチピチという新人」ではありませんでした・・・というのはどうでもいいお話です(笑)。

Andrewgold

さて、変わってはずいぶん洗練された感じになりました。こちらはAORの代表的ミュージシャンのひとりAndrew Gold・1975年のデビュー作「アンドリュー・ゴールド・デビュー」から、That's Why I Love Youをお送りしました。

彼は、このデビュー作を出す前からリンダ・ロンシュタットやアート・ガーファンクルに楽曲提供する人気ソングライターでしたから、「満を持して」というデビュー作だったわけです。そのお陰で、このアルバムにはリンダ・ロンシュタットも参加しているという、豪華なクレジットもお見逃しなく。

Steelydan

そしてもう一曲、後のAORグループとして不動の人気を得ることになるスティーリー・ダンのデビューアルバム「Can't Buy A Thrill」から、Brooklynをお送りしました。

この番組の熱心なリスナーなら周知のことですが、スティーリー・ダンが「AORの神様」的な扱いを受けているのは、解散前の二枚・・・つまり「Aja(エイジャ)」と「ガウチョ」だけのことで、それ以前の彼らはかなり普通のロックバンドでした。ただ、中心のドナルド・フェイゲンとウォルター・ベッカーの偏屈に耐え切れなくてバンドメンバーがひとり抜け、二人抜け・・・で、最後にたどり着いたのがあの二枚・・・という所ですから、ファーストアルバムからかなり変態性は発揮しております。

まず、このジャケット・・・ストリートに立ち並ぶ女性達(多分Hot House(18禁ワード)でしょう)とか、真っ赤な口紅の女性のリップとか、裸の中年のオッサンとか、やっぱり裸の女性がうずくまっている所とかが「これでもか!」とコラージュされております。

およそ、新人グループのデビューアルバムらしからぬ雰囲気ですが、デビュー曲(Do It Again)にしても、いきなりラテンリズムで、居並ぶどうせ大バンドの中では異彩を放っております。そんな中で、おかけしたブルックリンという曲はカントリーフレーバーさえ香る雛びた雰囲気の中に、音使い・美メロなど・・・素晴らしい初期の名作です。

実は、スティーリー・ダンはデビュー前の音源が結構たくさん出回っていて、デビュー当時の彼らは「相当、下手くそだった」というのは有名なことで、このころはドナルド・フェイゲンもボーカルを取るのが嫌で、他のバンドメンバー、デヴィッド・パーマーに歌わせております。

後に、錚々たる大物ギタリスト達のソロを簡単にボツにして「コレはないだろ?」と、メイキングビデオで言い放っちゃう二人とは信じられない程の小物ぶりです(笑)

Jamestaylor

「デビュー作特集」、パート1最後の一曲は、70年代を代表するシンガーソングライター(SSW)、James Taylorのデビュー作から、思い出のキャロライナという曲をお送りしました。

これは、1964年に「愛なき世界」で全米No.1ヒットを飛ばした「ピーター&ゴードン」のピーターさんことピーター・アッシャーとともにイギリスに渡りまして、そのプロデュースのもと、ビートルズのアップルレコードの第一弾契約アーティストとしてリリースされた作品です。

その点では話題になったものの、それが売上には全然繋がらず、アップルとの仕事はコレ一作のみ・・・ベースにポール・マッカートニーが参加しながら、まったくもって売れなかったJames Taylorのファーストアルバムですが、失意のままピーターさんと共にアメリカに帰って、1970年同じタッグでワーナーからリリースした「Sweet Baby James」で大ブレイクし、その後のキャロル・キングらとの大活躍は言うまでもありません。



★Part2★

新年一回目の放送ということで、デビューアルバムを特集しておりますが、パート2ではデビューアルバム=ラストアルバム・・・という作品をご紹介しましょう。とはいえ、いわゆる「一発屋」ではありません。

つまり、「ビックネームが揃い踏みして」、「発売当時も大いに話題になったし」、「本人たちもやる気満々」でしたが、結局様々な理由で二作目が出せなかった・・・ということで、「二作目以降は出しても話題にならなかった」というのとは本質的に違います。

60年代終わりから70年代初めには、大物バンドを解散したビッグネームが離合集散して新しいバンドを組むという話がよくあったんですけど、有名なのがザ・バーズのデビッド・クロスビー、バッファロー・スプリングフィールドのステファン・スティスル、それにホリーズのグレアム・ナッシュのいわゆるCSN・・・さらに同じくバッファロー・スプリングフィールドのニール・ヤングが加わったCSN&Y。

そして、今回ご紹介するのは、イギリスのバンド、クリームのエリック・クラプトンとジンジャー・ベイカー、それにトラフィックのスティーブ・ウィンウッドが組んで出来た「Blind Faith(盲目的な信心)」というバンドです。

クラプトンが、スティーブ・ウィンウッドと組みたかったという所からスタートしたプロジェクトです。

元々、我の張りあいで崩壊したクリームから二人も入っている段階で長続きしそうもないのは眼に見えておりましたが、とりあえず一枚、「ブラインド・フェイス」というアルバムを出します。因みに、邦題は「スーパー・ジャイアンツ」という、センスの欠片もないタイトルであります。とはいえ、このアルバムの歴史的重要さをいささかも毀損するものではありません。

Blindfath

ともあれ彼らはこのアルバムでミリオン・セラーを記録し、その勢いのままアメリカのツアーに旅だったわけでが、数本ライブを行ったあと、すぐにメンバーは「帰りたい」と言い出して、そのまま自然崩壊してしまいます。クラプトンはまだ続けたかったとコメントしているものの、先に米国に渡って南部・スワンプ系のミュージシャンに溶け込んだ活動をしているデラニー・アンド・ボニーのツアーに参加してそのまま全米をめぐるようになっていますから、それが結果的だったのか、実はクラプトン自身の心も離れていたのかは定かではありません。

そんなBlind Faith唯一のアルバムから、「Presence Of The Road」をお送りしました。


★Part3★

パート3ではリクエストをご紹介しましょう。これは冒頭でお話しした女子中学生と思われる方から、Blogのオンエアリストへのコメントという形で頂きました。今日はまるでその子のための放送の様になっていますが、そうやってリアクションをしてくれた方のために、私は頑張ります!

奏(そう)さんから「来月の21st keynote では、ぜひ、「ザ・ローリングストーンズ」の「love is Strong」をかけてください!」ということで、将来有望なリスナーのために。しっかりフルコーラスでお聴きいただきました。

Rollingstones


このアルバムはVoodoo Loungeという、94年の作品で、残念ながら「Love Is Strong」は、アメリカではヒットせず、マイナーなアルバムとなっています。でも、お聴きいただいたとおり、ちょっと現代風になっているものの、しっかり「ストーンズ節」の聴き応えのあるサウンドだと思います。ストーンズ=Jumping Jack Flushなんて、古臭い頭の僕からすると、やっぱり若いリスナーの柔軟さはさすがですね。

奏さん、またリクエストお待ちしています。

ということで、今夜も21stKeynote、お楽しみ頂けましたか?次回は年2月14日月曜日の放送。一年で最も寒い季節ですから、音楽だってじんわり・ほんのりと暖かくなれるものが聞きたくなりますよね?・・・というわけで、次回は「熱いソウルナンバー」を集めてお送りします。お楽しみに!



久々に、井川&こけ枝でお送りしました(^^)

本日、午後2時~3時55分までお送りしたスペシャルプログラム「McDonald's Big America2 Presents Big Dream」!!!!!皆さん、お聴きいただけましたか?たくさんのメッセージ、どうもありがとうございました。

さて、番組は終了しましたが、このアトも深夜0時まで、Twitter企画は継続中!ひょっとすると、あなたに100万円分のマックカードが当たるかも・・・!?詳しくは、http://www.bigamerica2.jp/へアクセス!!

Sdsc07694

↑番組風景。多分、すごいえー話(笑)をしてるトコ。

Sdsc07698

↑TEXAS 2 BURGERを頬張る

井川(左)&桂こけ枝(右)

いよいよ本日2時!

はい♪いよいよ本日午後2時でございます。McDonald's Big America2 Presents Big Dream!!!!!

新成人の皆様も、とっくに成人している皆様も、未成年の皆様も、ラジオのボリュームを上げて、要チェックスです。

番組では、始まる前から、皆さんからのメッセージを大募集しています!!「あなたの大きな夢」、「マクドナルドの思い出&好きなメニュー」、はたまた新発売の「TEXAS2 BURGERを食べた感想」などなど・・・。メッセージを送っていただいた方の中から、抽選で20名様には、2000円分のマックカードをプレゼント!!

さらに、番組中に逆電をさせていただいた方には、井川&こけ枝セレクトの「抱き枕」をプレゼント!!!!(未使用です 笑)

プレゼント盛りだくさんです。メッセージを送る時には、必ず住所、氏名、年齢を記して下さい。逆電OKの方は、必ず電話番号も明記して下さいね。

メッセージを送って、2時に備えよ!!

ほな、またアトでね~(^^)

千葉☆2011年

オカピのブログをみて
微笑んでいる千葉むつみです。

パン作りを極めて男子の心をGETですって
ふふっっ

千葉の2011年、
初詣で引いたおみくじは「末吉」
『恋愛・・・あきらめなさい』
ふふっっ



本年もよろしくお願いいたします

2011年☆おかぴろぐ☆

みなさん、ブログではお久しぶりですcoldsweats01
そして、遅くなりましたが・・・今年もよろしくお願いしますlovely

今年は、私、いつになく気持ちが前のめっているので
色んなことにチャレンジしたいと思っておりますupupup
もちろんメインのラジオは、これまで以上にエキサイティングな放送をやっちゃいますYOrun

目標の一つである『パン作りを極める』
これを後押ししてくれる素敵なプレゼントをいただきましたheart

Photo_4
木下製粉さんのホームベーカリー用の小麦粉bread
わ~いhappy02
これで、男子の心をグッと掴むセクシーパンを作るぞーbleahheart04

チラリ|∀・)恵美ぶろぐ。。謹賀新年!

新年明けましておめでとうございますpaper

ラジオDJとしての活動をSTARTして、2回目のお正月fuji

まだまだ勉強不足で、自分の力の無さを実感する毎日ですがsweat01

実家でマシーン製のお餅を食しながら、

今年も日々精進していくぞと、固く心に誓ったのでしたdash

2011年もガッツガツと頑張って行こうと思いますshine

成長するぞーup

パワーアップするぞーupup

本年もどうぞ宜しくお願い致しますhappy01

そして、皆様にとっても2011年が素敵な1年でありますようにclover

今年の干支はウサギさんですが、なぜか私の家の玄関には…

101231_144211_2

エビフライを食う「にゃんこ先生」(笑)

ある意味最強の守りですnote

頼んだぜ、にゃんこ先生punchshine

日記ドラマ「つばさっち」第37回はあけおめ!き~んぱ~い!!

今更ですが(笑)、明けましておめでとうございますsun
今年もテキトーにお付き合い下さいネ(笑)

さて、お正月は丸亀でボートレースで楽しませていただきました
フジサワツバサですが、まるがめ大賞も今日が優勝戦ですなぁ~note

その一方で、中央競馬は今日がお正月sign03
中山金杯(GⅢ)、京都金杯(GⅢ)の開催です。プレミアムレース~note
そんな両金杯のオイラの予想はこうsign03

中山金杯(GⅢ)
◎15モエレビクトリー
○13ケイアイドウソジン
▲8トウショウウェヴ

京都金杯(GⅢ)
◎11ショウリュウムーン
○9リクエストソング
▲3リーチザクラウン

プレミアムレース(配当5%up)ですって~note
お年玉取れるといいなぁ~sign03

今後、つばさっちはこんなところに登場~note

1/8 岡山・桃太郎アリーナ(岡山シーガルズ-東レアローズ)16:05
1/9 岡山・桃太郎アリーナ(岡山シーガルズ-トヨタ車体クインシーズ)15:05
1/15、16 ヴィラ讃岐アイスアリーナ(Jアイスウエスト)
2/5 高梁市民体育館(岡山シーガルズ-トヨタ車体クインシーズ)16:05
2/6 笠岡総合体育館(岡山シーガルズ-パイオニアレッドウィングス)15:00
2/13 松山市総合コミュニティセンター(ソニーセミコンダクタ九州-三重バイオレットアイリス)13:00
2/19 松山市総合コミュニティセンター(アイシンAWウィングス-日本航空JALラビッツ)14:00
2/20 松山市総合コミュニティセンター(日本航空JALラビッツ-アイシンAWウィングス)14:00
3/12 岡山・桃太郎アリーナ(岡山シーガルズ-JTマーヴェラス)16:00
3/13 岡山・桃太郎アリーナ(岡山シーガルズ-パイオニアレッドウィングス)15:00

現場で動く「つばさっち」も 是非ご確認下さいsun

筒井さんちのお正月

あけましておめでとうございます!

筒井さんちのお正月は
母のプチおせちで始まります。


DVC00468.jpg

こんな感じ。

真っ赤な煮卵はお正月の定番!
母の味です。

年末活躍してくれたのは

DVC00462.jpg

もちつき機!

私が幼い頃から家にありましたので
電化製品としては年期が入っているはず。

年に1度しか動かないのに現役バリバリです!



では、おもちとかけまして
今年の小商い展望とときます

そのこころは

あついきたいが膨らみます!


せっかく膨らんでも“ぷす~”とならないように・・・
ほどほどに、県内ピョンピョン跳ね回ります♪


今年もよろしくお願いいたします。

Bonne Annee! ★ ナカイ ★

アケオメ・コトヨロeyepaper
(古いのわかってるけど、短くって使い勝手いいよね)
皆様、どのようなお正月をお迎えでしょうか。
001 002
年はとりたてて仕事もなく、のどかな幕開けとなったワタシ。
簡単にしつらえた我家のお正月飾りです・・
実家、うたんぐらの方もそれなりにhappy01
013jpg_3 
http://www.vtangra.com

本年も宜しく!

ジョージ・ナカシマとマーティンギター(蒲野)

ジョージ・ナカシマとマーティンギターと聞いてピンとくる人はかなりの「ツウ」でしょう。正直言って、僕も昨年の秋まではピンと来ませんでした。

110101jn1

ジョージ・ナカシマとはアメリカの日系人で、世界的に有名な木工家具デザイナーです。またマーティンはギブソンとならぶ、世界最高峰のアコースティックギターメーカーです。そして、ジョージ・ナカシマはペンシルベニア州のニューホープという小さな街でデザインから製造まで一貫した家具作りをする一方、マーティンの木材を切り出し・管理も行っていたのです。

さて、ここで二人の香川県の男が登場します。高松市牟礼町の家具工房・桜製作所の永見宏介社長(下写真左)。そしてもう一人は高松出身のギタリスト小倉博和さん(下写真・右)です。

110101jn8

桜製作所は、その加工技術の高さから生前のジョージ・ナカシマから世界で唯一ライセンス生産を任された工房です。一方、小倉さんはもちろんマーティンギターの愛用者でもありました。そして高松市内で家具店の息子として育った小倉さんは永見さんとは小学生・中学生の同級生・・・つまり、ジョージ・ナカシマ→桜製作所→永見社長→小倉さん→マーティンギターは一本の線としてつながるのです。

ジョージ・ナカシマが亡くなってから10年後の2000年、マーティンギター社は、彼への感謝とその功績を称えるために「コメモラティブ・エディション」という特別なギターを100本だけ製作しました。ここで先程のラインはひとつの見事なサークルになったわけです。上記の事情を考えれば、これが「香川県でのみ起こり得るミラクル」だったことがよくわかると思います。

さて、2010年10月11日、なんと桜製作所に併設された「ジョージ・ナカシマ記念館」で、小倉さんがそのスペシャルギターを弾くという素晴らしい企画が実施されました。FM香川では、このライブの模様を収録し、さらに小倉さん・永見さんのトークセッションを交えて、ジョージ・ナカシマ、家具、ギターについて語り尽す特別番組を制作しました。

その番組「FM香川・ニューイヤーSP 小倉博和 木と音」として、明日1月2日(日)19:00から放送します。香川県のアートと音楽の底力がわかる番組です。ぜひお聴き逃しなく。

110101jn3

ただし、この番組を聞いてマーティンのギター、もしくはジョージ・ナカシマの家具が欲しくなっても、FM香川はお止めしません。


<おまけ>
ジョージ・ナカシマ記念館の中は、この日のために急遽増産したコノイドチェアが林立する、ファンから見れば垂涎の風景です。

110101jn2

これが、ジョージ・ナカシマ Commemorative Edition 2000年モデル。スプルーストップに、ジョージ・ナカシマが愛用したウォールナットをサイドに配した美しい姿ですが、見た目だけではなく、美しい音を響かせるための知恵が満載なのです。

110101jn6

ヘッドにはジョージ・ナカシマの家紋がインレイであしらわれ・・・

110101jn7

バックにはジョージ・ナカシマが木の割れ止めに使った「契(ちぎり)」があしらわれており、これを見ればマーティンギターのスタッフがどれほど彼を慕っていたかを感じ取ることができますね。

110101jn5


このギターはすでに市場ではほとんど流通しておらず、今回はジョージ・ナカシマの長女・ミラさんに託された1/100号機(プロトタイプ)を、永見さんご自身が受け取りに行ったそうです。

110101jn4


明けましておめでとうございます!by井川

明けましたね~、明けちゃいましたね~。旧年中は大変お世話になりました。

さてさて、年明け早々、井川はフルスロットルでございます!!

1/4(火)からは、「SANUKI ROCK COLOSSEUM」のiモード先行予約スタート、さらに1/10(月・祝)は、こけ枝さんとタッグで特番「McDonald's Big America2 presents Big Dream」!、その後、新番組がスタート!!・・・・・っということで、慌ただしい立ち上がりです。皆さんの2011年は、どんな立ち上がりですか?

井川は、2011年も、ぶっ飛ばして・・・・・いえ、カラダに気をつけて、打率の高いバッティングを心がけて、ボチボチいきます(笑)本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

2016年3月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31