偏執性凝縮愛好症候群 (蒲野)

突然ですが、僕は「小さな筐体に極限まで機能を押し込んだ道具」が大好きです。

車で言えば、1400ccの大衆車(カローラ)に1600ccのDOHCエンジンを積み込んだスポーツモデル、TE-27(レビン・トレノ)。外車で言えば1600ccのファミリーハッチバック車に2000cc+ターボ+4WDを突っ込んだLancia Delta HF Integrale・・・ということになります。

腕時計もクォーツなんかより、断然、機械式クロノグラフ。永久時計はやりすぎとしても、アナログ式計算尺まで搭載したブライトリングのNavitimerに、更に宇宙飛行士向けの24時間時計バージョンCosmonauteなど、堪りませんなぁ・・・

カメラも銀塩一眼レフ・・・しかも、後付のモータードライブ仕様なんて持ってこられたひにゃ!

そして、今ハマっております「あるモノ」にはどれだけ機能が凝縮されているって、以下列挙。

インターネット・電卓・ミュージックプレーヤー・カメラ・目覚まし時計・メール・スケジュール帳・電話・・・そう、「あるモノ」とは携帯電話です。しかし、いま列挙した程度なら普通の携帯ですよね?でも、今、僕が使っている携帯はその上に・・・

カーナビ・GPSロガー・ウクレレコード帳・チューナー・メトロノーム・英単語帳・漢字辞典・自動翻訳機・血圧記録帳・薬辞典・年齢早見表・西暦早見表・乗り換え案内・為替レート計算機・郵便番号検索・郵便局検索・宅配便追跡・道路情報・色見本帳・ ロープの結び方辞典・月齢表示・日めくり・天気予報・写真加工ソフト・メジャー・ボイスレコーダー・時間計算機・付箋・手書きメモ帳・コンパス・星座早見盤・フラッシュライト・・・まだまだ数え切れないほどの機能が、手当たり次第放り込んであります。

100930xperia

「スマートフォン」・・・ぶったまげました。

或る夜・某所・女子会・・ ☆ ナカイ ☆

賑やかだったrestaurant
Jpg_5
美味しかったwine
Jpg_6
楽しかったhappy01
Jpg_7
きっと・・・???

ウルサかった・・と思うcoldsweats01

2010浴衣着納め・・ ☆ ナカイ ☆

new 9月23日(祝・木)「桂こけ枝独演会」無事終了!
浴衣姿の大喜利メンバーで、バッチリ記念撮影・・camera by 井川っち
001jpg
オカッチ・ナカッチ・トモッチ でーすheart04
ところで・・

この中にひとーり、
自分のことを『巨乳』と言い張る勘違い女がおるsign01

美しい☆おかぴろぐ☆

先日、瀬戸内国際芸術祭開催中の女木島、男木島に行ってきましたcancer
島へ向かう船『めおん』も人でいっぱいsign03
若者からおじいちゃん、おばあちゃんまで様々な世代の方が楽しめる
アートの数々・・・art
学生時代、美術が苦手だった私でも充分楽しめましたhappy01
五感で感じるアートは刺激的~shine

Resize0002
男木島で見た夕日sun
めっっっっっっちゃくちゃキレイでしたsign03sign03sign03
こんな夕日見ながらプロポーズされたい・・・なんて妄想が膨らみますcatface

Resize0001
こちらも、めっっっちゃくちゃキレイでしょ(笑)sign02
今年で3回目の桂こけし独演会。私も参戦3回目。
今年も、たくさんハリセンで叩かれまくりましたgood
来年に向けて、美貌と笑いのセンスに磨きをかけていきますheart

タイヤに釘<筒井>

車のタイヤの後輪に釘が!!!

左の後輪だったので、特に気が付きにくいし。

それ以前に、タイヤなんていちいち見ていないし。

急いでいつもの車屋さんへ・・・

Tutui


こいつかー!!!!

釘の長さは約4センチ。

側面に近いところに刺さっていました。

車屋さんの話によると

「側面に傷が付くとタイヤにとっては致命傷」なのだそう。

まだタイヤと設置する面に刺さった方が良かったみたい。

応急処置をしてもらいましたが

空気が抜けるようであればタイヤ交換です。

かなすぃー(TT)

さてさて、23日は「桂こけ枝独演会」です。

独演会に向けて、今年は1回も着ていない浴衣を出しました。

まだまだ暑いので浴衣でも違和感ないですね。

皆さんに楽しんでいただけるように

パーソナリティ大喜利頑張ります!!!

チケットまだありますよー。

何かと忙しい時期ですが、ぜひぜひ皆さんお越し下さいね♪

収穫の秋 (蒲野)

この程、家の庭に植えてあるオリーブに初めて実が付きました。

100921_2

全部で3個しかないので収穫して塩漬けに・・・って訳にもいきませんが、個人的にクサる事が最近多かったので、小さなHappyが身にしみますねぃ。

ハリセンの季節がやってきました・・・

ハリセンの季節がやってきました・・・そうです。今年も「桂こけ枝独演会~上方落語の世界~」で、FM香川パーソナリティー数名と大喜利に挑戦します。井川は、今回も司会進行役。ハリセン片手に日々、より大きな音の出るシバキ方を研究しております(笑)お蔭様で、過去2回、なんとかお客様の笑いをきっちりといただいておりますが、舞台は生モノ。何が起こるか分かりません。しっかりと稽古をして、最高のハリセン裁きをお見せしたいと思います。9/23(祝)は、高松ミューズホールでお会いしましょう♪

チラリ|∀・)恵美ぶろぐ。コスプレフェスタ vol.2♪

ついに…

ついにやってしもうた…

恵美友香織、まさかのコスプレデビューですimpact

「しあわせは~歩いてこないnote だ~から歩いてゆくんだね~note

Photo_13

はいpaper

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』より登場する新キャラクターsign03

EVA仮設5号機パイロットshine

真希波・マリ・イラストリアスに挑戦してみましたsign03

そう、眼鏡という共通点だけで押し切りました(笑)


イヤーsweat01

はじめて挑戦しましたが、コスプレは思った以上に暑い(笑)

厚底のローファーでアニメ比率の頭身を目指した結果、筋肉痛ですcoldsweats01

けど、めちゃくちゃ面白かったし、楽しかったですflair


4月に開催された第1回よりもさらにたくさんの人が集まって下さいましたし、写真もたくさん撮ってもらっちゃいましたsweat01

皆さん、HP上にうpする際は、フォトショでガンガンに修正をお願いしますね(笑)


そして、コスプレだけでなく、アニソンライブも盛り上がりましたnote


Pj


写真は香川アニメーションソングプロジェクトの皆さんのステージですsign03

他にも、ぶるうす地獄さん、一般の方のカラオケ大会など、

ムフフなステージが繰り広げられましたup

痛車もスゴカッタshine

初音ミクちゃん仕様のチャコリンコもあってとってもCuteでしたheart04


さらに、今回はHEROショーもありましたよsign03


Photo_14

鬼神戦士 ジャケンジャーXsign03

赤い方が正義の味方・ジャケンジャーsign01

青いモコモコさんが、ジャケンジャーにこらしめられて改心した(?)

悪の組織・メガスのメガス三本槍の一人sign01フーガワリーですsign03

公式HPはコチラ → 『鬼神戦士 ジャケンジャーX』

ジャケンジャーのお陰で、宇多津の平和も守られましたgood


ちなみに、こんな1コマもscissors


Photo_15


真希波最強伝説smilenote(笑)


熱くsign01暑くsign01濃いsign01

VIVRE AUTUMN SPECIAL コスプレフェスタ Vol.2shine

最後は、終了ギリギリまで残っていて下さったコスプレイヤーの皆さんとパシャリcamera

Photo_16

くそぅsweat01

もっと合間合間に集合写真を撮っておけば良かったbearing

写真を一緒に撮れなかった方が本当にたくさん居て、残念でなりませぬdown


本当に皆さん、参加して頂きましてありがとうございましたhappy01

だって、好きなんだもん; ☆ ナカイ ☆

先日、四国学院大学オープンキャンパスの仕事で来ていた
本広監督と2ヶ月ぶりの再会paper
「お茶しよう!」ということになり、宇多津の某珈琲店へcardash
落ち着いた店内は2人もお気に入り・・で、注文したのは??
Photo_2 N:「甘いもの好きでしたっけ?」
M:「大好きです!」
N:「スゴイの頼みましたねcoldsweats01
M:「面白そう(美味しそう)だったんで;」

かく言う私もコーヒー系のパフェを頼んだが;;
いやいや、大の大人が、コーヒー専門店でメニュー渡されて
すぐ、スウイーツメニューのページに見入るとはcakelovely
M&N「だって、好きなんだもんsign01happy01

M: 「しかし・・結構食べにくいっす、これ」 happy02 
N: 「デートだと食べられませんねー」 coldsweats01  

ワタシとで良かったね、カントク! 

   

「ちょんまげプリン」 ☆ ナカイ ☆

movie ひとことだけ・・
最近見た中でお気に入りの映画
ずばりgood
「ちょんまげプリン」happy01
Photo_3

3Dじゃなくても・・
CG使ってなくても・・
大音響迫力サウンドでなくても・・

感動はできるん・・ですsign01

チラリ|ω・)恵美ぶろぐ。。イメチェン完了!

とりあえず、こんな感じになりましたpaper

100916_140601

イメージは…

ライ麦畑でつかまえて…sign02

ご当地グッズ☆千葉

旅行のお土産、ずいぶん昔は、地名の入ったキーホルダーなど、いただいたものの・・・という物が多かったですが、最近は思わず「欲しいっ」と食いついてしまうカワイイものが増えました。
最近私がもらったのは、
遷都1300年でにぎわう「奈良」グッズ。

奈良といえばこのお方↓
Dvc00073

なんと耳が下がるのです

Dvc00074

そう、
大仏さんのボールペン
後ろ姿↓

Resize0001 



ご利益ありそうな立派な文字が!
Resize0002

ゆるかわいい大仏ボールペン
シカバージョンもあるそうです。

奈良に行かれた方はぜひsmile


21st Keynote 100913オンエアリスト(蒲野)

9月も中盤を迎え、朝晩の冷え込みがだいぶ秋らしくなってきましたね。夏の間やかましく鳴いていた鈴虫も最近全然鳴かないな~と思ったら、いつの間にかメスだけに・・・。そんな、何もかもが遠くへ去っていくような気がする9月といえば「中秋の名月」。

今年は22日がその日なんですが、満月ではないそうです。天体の動きは自然のモノ・暦は人間が決めたモノですからそう言うことも起こるのですね。

ということで、今月は「お月様ソング」特集。ありがちで御免。

最初は、心静かな気持ちでお月様を眺めたい・・・という気持ちを込めてゆるゆるとスタート。Larsen/Feiten Bandの2ndアルバム「Full Moon」から「Twilight Moon」という一曲から。

Laesenfeitenbandfullmoon

オルガン奏者のNeil LarsenとギターでボーカルのBuzz Feitenの双頭バンドですが、2人とも「パネェほどのイケメン」ですので女性にもファンが多い彼等。AOR界のスーパープロデューサー Tommy LiPuma の手によるジャジーでスムース、非常にセンスの良いサウンドで人気を博しました。

ところが、このNeil LarsenとBuzz Feitenはもともと「Full Moon」というバンドを組んでメジャーでビューしていたのですが、こちらは残念ながら一枚きりで解散してしまいました。その後Larsenは先ほどのTommy LiPumaとのタッグでフュージョン色の強いソロアルバムで成功し、一方のBuzz Feitenはドラッグ中毒で70年代を棒に振った後カムバックし、再び手を組んだのがLarsen Feiten Band。そのセカンドアルバムが満を持して「Full Moon」とか・・・ややこしいですね。

バンドとしてのFull Moonはゴリゴリのロック色もありつつ、後のAOR路線の芽生えも感じさせる「Blue Eyed Soul」の先駆けといわれた名盤の一つですので、こちらもお聞きあれ。

Janisjoplinpearl
Vanmorrisonmoondance

変わって、グッとパワフルな「お月様ソング」をお聞き頂きました。まずは、Janis Joplinの遺作となるPearlから、オーリアンズのJohn Hallによる「Half Moon」をカバーした一曲。

Buzz Feitenは幸運にもドラッグから立ち直りましたが、Janisはこのアルバムの収録中にドラッグで命を落としてしまいます。この中にはアカペラの「ベンツが欲しい」とインスト楽曲の「生きたままブルースに葬られ」が一曲ずつ収められていますが、前者はリハーサル音源、後者は歌入れ前の「カラオケ」で、いずれも途中でJanisが亡くなってしまったための産物。人恋しい秋の夜には涙なしでは聞けない一枚ですね。

もう一曲はアイルランドの孤高のシンガーソングライター(SSW)、Van Morrisonの3rdアルバム「Moondance」からタイトル曲のMoondanceを。「今夜は君と一緒に、また月の光の中で踊ろう」というロマンチックな内容ですが、スィンギーなジャズテイストにシャウト気味のボーカルで、とてもそう言う雰囲気ではありませんね(笑)

Van Morrisonは偏屈者で大の飛行機嫌い。あまり海外に出ないため「来日していない最後の大物」と言われて久しいのですが、1964年にThemでデビューして以来46年、御歳65歳。もうこのまま来日しない方がカリスマティックでいいんじゃないでしょうか。

Nickdecaroitaliangraffiti

Petergallwaypetergallway_2

またまた雰囲気はガラッと変わって、クールなサウンドに・・・

先ほど出てきたスーパープロデューサー Tommy LiPuma、レコーディングエンジニアの Al Schmidt、そしてストリングスアレンジの Nick DeCaro、私、蒲野はこの三人を勝手に「AORの黄金のトライアングル」と呼んでおりますが、アルバムのクレジットにこの誰かが載っていたら「買い」といっても過言ではありません。勿論、三人揃っていたらリーダー名義が誰であれ買うべきというくらいの人達です。

もちろん、このアルバム「Italian Graffiti」は3人が揃い踏みどころかリーダーが Nick DeCaro・・・という、まさにLight & Mellow、AORのお手本のようなアルバムです。この中から中性的なNick DeCaroのボーカルも冷ややかな「Under The Jamaican Moon」。

因みにこの曲はStephen BishopとLeah Kunkel(LAの名ドラマー Luss Kunkelの妹)の共作で、Leah Kunkel自身もセルフカバーしておりますが、こちらはもっと「熱帯夜的」で、怪しい仕上がりであります。そちらはまた何処かの機会にお聴かせ致しましょう。

★★

そしてもう一曲はフォーキーなナンバーでしたが、これは東海岸の名バンド Fifth Avenue Bandのボーカル Peter Gallwayのソロによるセルフタイトルアルバムからの一曲。

この曲に直接「月」や「月の光」の描写はありませんが、深夜のベッドで、横に眠る彼女の白い肌を見ながら幻想的な思いにふける男の歌。ここに月光が降り注いでいない訳はありませんね?タイトルも「Moonsong」だし。

このアルバム、アルバムジャケットのイメージからでしょうか?とても「木のぬくもり」を感じる楽曲が多く収録されています。静かに目を閉じて聞いていると、薪ストーブの上のヤカンが「シュンシュン」と湯気を立てている景色が浮かぶような・・・だから、とても寒い冬の夜に聞きたくなる一枚です。

そしてPart-1 最後の一曲は、タイトルにも歌詞にも何も月は関係ありませんが、ジャケット繋がりで選んできました。Barry Mannと言う人の「Survivor」というアルバムです。Barry Mannは古き良きアメリカンポップス時代の作曲家です。作詞家で奥様のCynthia Weilとのおしどり夫婦ぶりも有名で、Carole King / Gerry Goffinと並ぶアメリカ最強の作曲家チームであり、このアルバムでも殆どの楽曲が2人の共作です。

Carole Kingと同様に、70年代は自らもアルバムを制作するSSWとして活躍しましたが、如何せん地味に過ぎたのか近年になるまであまり注目されることはありませんでした。今ほどBarry Mannが注目されるようになったのは、やはり山下達郎さんの「宣伝」が大きかったのではないかと、蒲野は考えております。

Barrymannsurvivor

ところで、このジャケットのイラストを見ていると、昔、美術の教科書に出ていた「アンリ・ルソー」の「眠れるジプシーの女」を思い出します。僕はこの絵がなぜか凄く好きで、Barry MannのSurvivorを初めて見たとき、強く惹かれました。

Rousseau_bohemienne

手に入れて聴いてみると、ピアノの弾き語りを中心に、ミドルテンポで、「Blue Eyed Gospel」とも言えるようなしみじみとした楽曲が一杯詰まっていました。「真夜中、犬だけを観客に人生の悲喜交々を歌う」・・・まさにジャケットのイメージそのままのアルバムでした。

曲は「Taking The Long Way Home」・・・遠回りの家路(人生のメタファーです)を、深い声で朗々と歌うBarry Manの声を聴いていると、なんだかその頭上には、満月が煌々と光り輝いている風景が浮かびませんか?

「月がとっても青いから、遠回りして帰ろう~♪」ってな感じ・・・

**********************************************

パート2は、お得意の「連想ゲーム」パターン。決してネタ不足をごまかす方便じゃありませんからね。

お月様といえば、「団子」「芋煮会」・・・とは、千津ちゃんの連想。喰いモンばっかりやがな!お月様といえば、オオカミ・ヴァンパイア、そしてゾンビでしょうが!

そしてゾンビといえば、Michael Jackson・・・ NO !

21st Keynoto的にゾンビ・・・といえば、このアルバムです。
Johnfogertyeyesobthezombie

ゾンビ・・・というよりは狼男という感じですな。

このアルバムは、Creedence Clearwater Revival(CCR)のボーカルだったJohn Fogertyさんのソロアルバム「Eyes Of The Zombie」です。86年の作品で、流石に今から聴くとシンセの音がチープでイタダケませんがそれだけにあまり評価が高いアルバムではありません。

John FogertyはLA生まれですが、南部・スワンプミュージックを思わせるような、熱いボーカルが売り物ですが、実はこのアルバムも、どっちかというとオーソドックスなロックナンバーが一杯で、そんなに悪いアルバムじゃないんですよ。

残念ながらタイトルナンバーは「負け組(笑)」の方だったので、「お月様繋がり」はアルバム全体・・・ということにして、「夜通し起きてて頭ガンガン。新聞にゃどでかい事件が載ってて滅茶苦茶な一日が始まりそうだぜ」という、如何にもロックなナンバー Headlines をどうぞ。

**********************************************

Part-3では、私が一緒に仕事をしている大阪のSSW・Nさんが「今年のベストアルバム(9月現在)」と言い放ったアルバムをご紹介しましょう。

Lee Ritenourというと、80年代フュージョン全盛期に「ギターの貴公子」と言われた人で、Steely DanやCrusadersで有名なLarry Carltonと人気を二分したギタリストです。ただ、テクニックに走る嫌いがあって、「おれたちゃ、こんなに凄いことが出来るんだゼ」みたいな所が鼻につくと言って苦手な人も多いのは事実。そして、件のNさんもその一人。

そんな彼が「今年のベスト」と持ってきたのが、なんとそのLee Ritenourの最新アルバムと来たら驚かない訳にはいかないんですが、内容を聞けば納得しました。

アルバムのタイトルは「6 Strings Theory」ということで、ギターをキーワードに、ジャズ・ロック・ハードロック・ソウル・ブルース・・・と、あらゆるジャンルのアーティストを共演させ、自らを接着剤に結びつけてしまったその手腕に脱帽・・・ということでした。

Leeritenour6stringstheory

クレジットをざっとみてみても、ジョージ・ベンソン/ジョン・スコフィールド/パット・マルティーノ/スティーブ・ルカサー/ニール・ショーン/スラッシュ/BBキング/ロバート・クレイ/タジ・マハル/ヴィンス・ギル/ジョー・ボナモッサなどなど・・・なんと、日本代表(そんな位置づけなのかな?)としては布袋寅泰も参加している、と。よくもまぁ、それだけ集めたものだと感心します。

果たして、その仕上がりたるや、Nさんの言うとおり、格好良くて、渋くて、素晴らしいアルバムになっていました。勿論、こういったオールスター・オムニバスものにありがちな「ソコソコ感」を感じる人もいるでしょうが、それでもレベルはかなり高いところにあります。

少なくとも、同時期に出たLarry Calton & Tak Matsumotoよりは断然聴き応えがあるはずですよ。

**********************************************

今月の21stKeynote、如何でしたか?
来月は「実りの秋、お酒が美味しい季節」ということで、酒の飲めない蒲野がお酒にまつわる名曲を集めてお送りします。

放送は、10月11日(月・体育の日)、21:00~ お楽しみに!!

ウケウリですが・・ ☆ナカイ☆

明後日9月12日は「キャベツ畑の中心で妻に愛を叫ぶ日」なんですってheart02
なにか?「日本愛妻家協会」なるものもある・・らしいです。
「我こそは!」・・と思う御仁、ぜひ名乗りをあげてみては?
だって、香川は全国でも登録協会員が少ないみたいだからcoldsweats01

http://www.aisaika.org/mission/01kitaku/view_chiku.cgi

サーティーワン☆おかぴろぐ☆

もう2日前の話ですが・・・
わたくし、サーティーワン歳になりましたcatface
昨日のJOY-U CLUB宛にも、たくさんハッピーバースデーメッセージをいただき
ありがとうございますheart04
いくつになっても、『おめでとう』という言葉は嬉しいものですlovely

『誕生日大全 ダイジェスト』によりますと・・・9/7生まれの私は、
隠し事をして、秘密主義で、支離滅裂で、孤立する・・・らしいですgawk

この1年は、これまでよりも『和』を大事に過ごしていきたいと思います(笑)
そして、少しでも夢に近づけるようにコツコツ頑張りますsign01


え?夢は何かって?










ナ・イ・シ・ョheart04

だって秘密主義ですもの(笑)

Resize0001
知る人ぞ知る、『某JOY-U CLUBのドS番長』にいただいた誕生日プレゼントpresent
『AKB48セット』

私・・・前田あっちゃん位しか、名前と顔が一致しないんですがsweat02
相変わらずドSですね~(笑)
毎日、マウスパッド見ながら勉強しますup

チラリ|∀・)恵美ぶろぐ。。秋の味覚♪

やっとこさ、ありつきましたdash

秋の味覚・秋刀魚fish

100906_180629

たまらんですなぁ~catfacenote

sign03

大根おろしがないではないかっcoldsweats02

まぁ、美味しかったので良しとしようgoodshine

アナタはもう秋の味覚、堪能しましたかsign02

知事さん (蒲野)

3期12年の任期満了に伴って真鍋武紀知事が引退し、浜田恵造知事に今日バトンタッチしました。こんな仕事をしていると、知事にインタビューをしたこともありますし、記者会見などでその人柄を間近で見ることも沢山ありました。

なんの予備知識もなしに真鍋知事の姿を見ていると、如何にも香川県民らしい「温厚なのが取り柄」的な人に感じますが、近くで見ると結構冗談も言うし、「中央にもモノを言う人」だった気がします。

公務員の不祥事が表に出るたびに「各県の状況」が一覧で新聞に出たりしますが、香川県は案外と「進んだ県」だったことも見て取れました。つまり、結構「身内にも厳しい知事」だった訳ですが、私が記者クラブに出向いたここ5年ほど、ついぞ、真鍋知事のことを批判する人には会いませんでした。

厳しい人でした」という声も多かったのですが、県外向け広報誌「さぬき野」編集員の女性職員は「お茶目な人」といい、秘書室長は愛情を込めて「オヤジ」と呼んでいました。勿論、すべて順風満帆だった訳でもないはずですが、そんな人柄を惜しむように、3日行われた退任挨拶では「拍手鳴りやまず」の状態だったそうです。

100906_4


真鍋知事の任期は20日迄ですが、実際の仕事は3日で終わり、今日から浜田新知事が登庁しました。さて浜田知事は、退任の日にこんな手作りの「武紀くん人形」を贈られるような「知事さん」になるのでしょうか?

お願いしますよ、「県の知事」は「県民の父」なんですから・・・

やっぱり行かなきゃ、瀬戸芸!☆ ナカイ ☆

この時点(9月5日)で、当初の入場予想をクリアした「瀬戸内国際芸術祭」!
涼しくなってゆっくり・・
地元だからいつでも行ける・・
いえいえ、やっぱり“勢い”って大事デショーupwardright
何事もsign03・・という訳で、手持ちオリジナルショット、一気に公開camera
Photo 71_2 Photo_2 73_2 Photo_3 Photo_4 Photo_5 Photo_6 Photo_7 Photo_9
coldsweats01ランダムに並べてみましたが、一度行くと話できる・・でしょ?
結果論ですが;今年の“酷暑”の中で、汗を10年分くらい?流しながら、
船に乗ってshipバスに乗ってbus歩いてshoe・・見知らぬ人と話してhappy01飲んで wine食べてrestaurant

まだまだ行っていないところも!
リピートしたいところも!

やっぱり行かなきゃ!(始まらないヨcat

2016年3月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31